Apple M1チップ搭載のMacで仮想カメラが動かない不具合を修正したライブ配信アプリ「OBS Studio 26.1 Release Candidate 2」が公開。

スポンサーリンク

 Apple M1チップ搭載のMacで仮想カメラが動かない不具合を修正したライブ配信アプリ「OBS Studio 26.1 Release Candidate 2」が公開されています。詳細は以下から。

OBS Studio 26.1 Release Candidate 1

 オープンソースのライブ配信アプリ「OBS (Open Broadcaster Software) Studio」を開発しているOBS Projectは現地時間2020年12月05日、Windows版に続き、macOS/Linuxでも仮想カメラをネイティブサポートしたOBSの次期アップデート候補である「OBS Studio 26.1 Release Candidate (以下、RC)」のRC 2を公開したと発表しています。

OBS Studio 26.1 Release Candidate 2

 OBS Studio 26.1 RC 2ではApple M1チップを搭載したMacでOBS Studio 26.1 RC1で動かなかった仮想カメラの不具合が修正され、OBSから直接ライブ配信サービスへ映像を出力することが可能になっています。

Apple M1チップ搭載のMacで仮想カメラをサポートしたOBS Studio 26.1 Release Candidate 2

OBS Studio 26.1 RC1と同じくRC2の仮想カメラもZoomには認識されないようです。

 また、OBS Studio 26.1 RC 2では古いNVIDIAドライバがNVNENで動作しなくなる不具合や、Twitchでの不具合などが修正されているので、Apple M1チップ搭載のMacでOBS Studioを利用されている方はチェックしてみてください。

おまけ

 OBS Studio 26.1 RC 2はApple M1チップ搭載のMacでも仮想マシンが使えるようになりましたが、Apple Siliconにはネイティブ対応していないため、IntelバイナリをRosetta 2で変換して動作します。

OBS Studio 26.1 RC 2 intel binary

スポンサーリンク

Release Candidate 2 Changes

  • Fixed an issue where older NVIDIA driver versions would no longer work with NVENC
  • Fixed a bug where browser dock windows would suddenly go to minimum size
  • Fixed a bug where the Twitch Soundtrack plugin and OBS would overwrite each other’s Twitch VOD track depending on the settings in OBS. OBS now prioritizes its own setting before deferring to secondary plugins for the Twitch VOD track
  • Fixed an issue where DPI scaling would round up, causing UI elements to appear too large
  • Fixed an issue where the new virtual camera wouldn’t work correctly on M1 Macs
  • Fixed an issue where ‘Paste Filters’ on sources didn’t work in all situations
  • Added a check to the installer for Visual Studio 2019 redistributables