Zoom、macOS 11 Big SurにアップグレードしたMacでバーチャル背景使用時にCPU使用率が高くなってしまう不具合を修正した「Zoom for Mac v5.4.4」をリリース。

スポンサーリンク

 ZoomがmacOS 11 Big SurでCPU使用率が高くなってしまう不具合を修正した「Zoom for Mac v5.4.4」をリリースしています。詳細は以下から。

Zoomのアイコン

 Zoom Video Communications, Incは現地時間2020年11月24日、同社のWebビデオ会議アプリサービス用クライアント「Zoom Meeting for Mac」をv5.4.4へアップデートし、macOS 11 Big SurへアップグレードされたMacでZoomクライアントがMacのCPU使用率を高くしてしまう不具合を修正したと発表しています。

Zoom for Mac v5.4.4

Resolved Issues

  • Resolved issues related to high CPU usage with Big Sur update macOS

New updates for macOS – Zoom Help Center

 リリースノートによると、この不具合はバーチャル背景使用時に発生していたそうで、Zoom for Mac v5.4.4では修正されていますが、それ以前のバージョンではCPU使用率が90%近くまで上昇する現象がRedditなどに報告されているので、Zoomユーザーの方はアップデートしてみてください。

Zoom for Macでバーチャル背景