パッケージユーティリティ「Suspicious Package」がmacOS 11 Big Surに対応し、Quick Look機能を刷新。

スポンサーリンク

 macOSのインストーラーパッケージ・ユーティリティ「Suspicious Package」がmacOS 11 Big Surに対応し、Quick Look機能を刷新しています。詳細は以下から。

Suspicious Package

 元Appleのソフトウェアエンジニアで現在はMothers Ruin Softwareを設立されたRandy Saldingerさんは現地時間2020年10月18日、macOSのインストーラーパッケージを実行することなく展開できるユーティリティ「Suspicious Package」の最新バージョンとなるv3.6をリリースし、macOS 11 Big Surに対応したと発表しています。

Suspicious Package v3.6

Released on October 15, 2020

  • Updated for general compatibility with macOS 11 (Big Sur) — albeit with some caveats.
  • For macOS 10.15 (Catalina) and later, Quick Look previews are now generated by a Quick Look Preview Extension: this changes the information available in the preview. The old-style Quick Look generators were deprecated by Apple.
  • Added File > Show as Property List for inline viewing (and searching) of “All Openable Items” that are recognized as some sort of property list — such as Info.plist files.

リリースノートより抜粋

 Suspicious Packageは昨年リリースされたv3.5アップデートでパッケージの公証チェック機能を追加しましたが、v3.6ではmacOS 11 Big Surへの対応(Apple Silicon Macには非対応)したほか、パッケージファイルのQuick Look機能がAppleのQuick Look Preview Extensionを利用して再構築されています。

Suspicious PackageのQuick Look

 これにより、これまでQuick Lookで表示できたパッケージファイルのリストビューが廃止されてしまいましたが、Suspicious Package v3.6では[File] → [Show as Property List]というパッケージ内のファイルをプロパティリスト(.plist)として展開できる機能が追加されているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Suspicious PackageのPlist