Apple、macOS 11 Big Sur Beta 3で批判されていたシステム環境設定のバッテリーアイコンのデザインを変更。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11 Big Sur Beta 3で批判されていたシステム環境設定のバッテリーアイコンのデザインを変更したそうです。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2020年06月21日からオンラインでWWDC20を開催し、次期macOS 11 Big SurやiOS 14などを発表。その後、AppleのCraig Federighi SVPはYouTuberのMKBHDことMarques Brownleeさんとオンラインでインタビューを行い、その中でMarquesさんは、macOS 11 Big Surのシステム環境設定に追加される「バッテリー」アイコンのデザインはありえないので変更して欲しいと要望していました。

But this battery icon in System Preferences. You gotta fix this one. I’m sorry, there’s just there’s no way this should make it out of the beta.

YouTubeより

 これに対し、Appleは07月22日に公開したmacOS Big Sur beta 3でバッテリーパネルのアイコンを変更したようで、新しいバッテリーパネルのアイコンは旧iOSのホーム画面のバッテリーアイコン風になっているそうです。

 ただ、Appleは同じくデザインを刷新したOS X 10.10 Yosemiteでも、Finderのアイコンを鼻の下が長すぎるなどのフィードバックから3回以上変更しているので、今後もバッテリーパネルのアイコンだけでなく、他のアイコンやデザインは修正されていくと思われます。

OS X 10.10 Yosemite Finder Icons History

コメント

  1. 匿名 より:

    全体的にアイコンデザイン酷すぎて笑う

  2. 匿名 より:

    バージョンが上がるたびに、アイコンデザインが酷くなる。
    全て同じような形になり、視認性が悪くなるし。