ソースコードなどのQuick Lookプラグインをまとめたアプリ「Glance」がDartやDockerfile, GraphQL, Julia, Makefile, Vue, Xcode関連ファイルのハイライト表示に対応。

スポンサーリンク

 ソースコードやアーカイブなどのQuick Lookプラグインをまとめた「Glance」アプリがDartやDockerfile, GraphQL, Julia, Makefile, Vue, Xcode関連ファイルのハイライト表示に対応しています。詳細は以下から。

Glance

 GlanceはAdobeのインターン生のSamuel Meuliさんがオープンソース(MTI)で開発しているQuick Lookプラグインをまとめたアプリで、インストールして起動するだけでソースコードやMarkdown、アーカイブファイルのQuickLookが可能になりますが、このGlanceがv1.2アップデートで複数のファイルタイプのQuickLookを追加サポートしています。

Glance v1.2

Add support for new file types, displayed either with syntax highlighting or as plain text: Dart, Dockerfile, GraphQL, Julia, Makefile, Vue, various Xcode-related formats and many others

リリースノートより

 Glance v1.2で追加サポートされたのはDartやDockerfile, GraphQL, Julia, Makefile, Vue、その他Xcode関連のフォーマットに加えて、.bashrcや.zshrc, .vimrcファイルなどで、アップデートしアプリを起動するだけで、サポートファイルがハイライトされQuickLook出来るようになるので、興味のある方は利用してみてください。

Glance v1.2のMakefile