macOSのシステム全体のオーディオソースに対応したオーディオ・イコライザー「eqMac」の新Betaがリリース。

スポンサーリンク

 macOSのシステム全体のオーディオソースに対応したオーディオ・イコライザー「eqMac」の新Betaがリリースされています。詳細は以下から。

eqMac

 eqMacシリーズはイギリスBitgappのRoman Kisilさんが2015年頃から開発しているオーディオ・イコライザーツールで、macOSシステム全体のオーディオソースにイコライザーをかけることができますが、このeqMacの最新のBeta版となる「eqMac Beta v0.0.1」がリリースされています。

eqMac

macOS System-wide Audio Equalizer Features

  • System-wide audio source
  • Volume Booster
  • Volume Balance support for all devices
  • Basic EQ 3 band (Bass, Mids, Treble)
  • Advanced EQ 10 bands

bitgapp/eqMac: 🎧 macOS System-wide Audio Equalizer – GitHub

 eqMacは2017年にv2.xへメジャーアップデートされていらい、昨日までアップデートがありませんでしたが、新たに公開されたeqMacのBeta版はUIが修正され、Volume BoosterとBalance、EQ、Advanced EQ機能が追加されています。

eqMac Beta features

 eqMacはApache License 2.0のオープンソースで開発され、今後のRoadmapとしてExpert EQやReverb、Volume mixerなどが示されているので、興味のある方は試してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    良いじゃん。ラジオをよく聞くのでシャカシャカした音にできれば(iMacスピーカー)と思っていたからこれはちょうど良い。しばらく使ってみよう。

  2. 匿名 より:

    残念ながらこちらを通すと44.1kHzに固定されるようです。
    Audio MIDI設定.app上では他の周波数卯もメニューに出ますが、他の周波数を選ぶと音が出ず、弄っているとクラッシュします。
    Audio Hijack.appなどを立ち上げるより気軽で良いのですけれども・・・

  3. ななし より:

    48kHzの方が良いよ(肝心な理由を忘れましたw)という事で44.1は止めたのですがプログラマな人が知らないのかなあ…とか思ったり。
    てかCoreAudioの担当だから関係ないんじゃないかなあーと思ったのですが違うんですかね。
    (´・ω・`)

    #ラウドネス測定であれこれ試しましたが なんかアプリによって挙動が違うというか
    #(BlaclHoleとか使ったり

    まあBEHRINGERでAutoEQしちゃってんですがw