ソフトウェア販売向け決済サービスPaddleがApple Payをサポートし、ScreensやPaste, SparkleなどがApple Payで購入可能に。

スポンサーリンク

 ソフトウェア販売向け決済サービスPaddleがApple Payをサポートし、ScreensやPaste for macOSなどがApple Payで購入可能になったそうです。詳細は以下から。

Apple Payのアイコン

 Paddle.comは2012年にイギリスのChristianさんらが設立したソフトウェア販売向けの決済サービスで、AppleのSandbox制限によりMac App Storeで販売できないMacアプリを販売する会社や開発者の間でよく利用され、クレジットカードやPayPal決済などでの支払いに対応していましたが、このPaddleが正式にApple Payサービスのサポートを開始したと発表しています。

We’re really excited to introduce Apple Pay, providing the best possible experience for customers using our Checkout on Safari!

🍎 Introducing Apple Pay – Paddle changelog

 PaddleのApple PayサポートはMac用システムモニタアプリiStat Menusを販売しているオーストラリアのBjangoや、WebエディタSparkle for Macを販売しているイタリアのRiver SRLが先月より徐々にサポートされていましたが、本日(現地時間2018年03月22日)よりその他の販売サイトもApple Payでの支払いに対応したようで、

Apple Payで購入できるようになったソフトウェア

新たに、Mac用VNCクライアントScreens for macOS(公式サイト)やクリップボード拡張アプリPaste for macOS(公式サイト)、ネットワーク制限ユーティリティTripMode(公式サイト)などがApple Payで購入できるようになっているので、Apple Payを登録したiPhoneやTouch ID付きのMacBook Proをお持ちの方は試してみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    ICOCAのApple Pay対応してくれないかなー