Intel、MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)に採用された第10世代Ice Lake Core i3-1000NG4、i5-1030NG7、i7-1060NG7の仕様を公開。

スポンサーリンク

 IntelがMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)に採用された第10世代Ice Lake Core i3-1000NG4、i5-1030NG7、i7-1060NG7の仕様を公開しています。詳細は以下から。

Intel Core i7 10th Gen

 Appleは現地時間2020年03月18日、新たにIntelの第10世代Core i3/i5/i7プロセッサとシザー構造のMagic Keyboard+TouchID、2倍のストレージを搭載したMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)を発表、そのGeekbenchスコアがデータベースに掲載され始めましたが、新たにMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)に採用されているプロセッサ仕様がIntel ARKに掲載されています。

Ice Lake Core i3-1000NG4、i5-1030NG7、i7-1060NG7

コメント欄でのご指摘ありがとうございます

 MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)に採用されているSKUはIntelの第10世代コアプロセッサ「Ice Lake」の「Core™ i3-1000NG4」および「Core™ i5-1030NG7」「Core™ i7-1060NG7」で、当初予想していたIntelのロードマップにあるSKUをcTDPで調整しているのではなく、ロードマップにないMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)専用のSKUとなっているようです。

MacBook Air Model Core
Thread数
Base
Turbo Boost
L3 Cache TDP リンク
MBA 2019
ベースモデル
i5-8210Y 2/4 1.6GHz/3.6GHz 4MB 7W Ark.Intel
MBA 2020
ベースモデル
i3-1000NG4 2/4 1.1GHz/3.2GHz 4MB 9W Ark.Intel
MBA 2020
上位モデル
i5-1030NG7 4/8 1.1GHz/3.5GHz 6MB 10W Ark.Intel
MBA 2020
CTOモデル
i7-1060NG7 4/8 1.2GHz/3.8GHz 8MB 10W Ark.Intel

 TDPは9~10Wで、AppleはMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)のバッテリー容量をTDP 7Wの前モデルと同じ49.9Whにしているため、目安となるバッテリー駆動時間は前モデルより1時間短く、iGPUは全てのモデルに第11世代Iris Plus Graphicsが採用されており、6K(6016 x 3384)解像度のApple Pro Display XDRを扱えるようになっています。

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)とApple Pro Display XDR

Intelの仕様では最大解像度が「5120 x 3200」となっていますが、実際にはDisplayPort 1.4(HBR3)で最大8K UHD解像度(7680 × 4320)@60Hzまで対応しているはずです。