DockやAppスイッチャーに現時刻の時計を表示してくれる「Clock mini」が新しいタイマー入力を採用し、CPU/メモリ使用率を削減。

スポンサーリンク

 DockやAppスイッチャーに動く時計を表示してくれる「Clock mini」が新しいタイマー入力を採用し、CPU/メモリ使用率を削減しています。詳細は以下から。

Clock mini v2.0

 Clock miniは中国のKai Luoさんが2014年から開発しているDockやAppスイッチャーに実際の時刻を表示するアナログ時計を表示してくれるアプリで、昨年のv2.0アップデートでデザインが刷新されましたが、このClock miniがv2.2.0アップデートを公開しています。

Clock mini by Kai Luo

When we started this project back in 2014, we kept this in mind designing new features. After six years of development, it’s still a mini-app that you can access almost all the features with a simple control-click on the dock app icon.Version 2.2 is a major update.

What’s new in Clock mini 2.2 – Airwolf Space

スポンサーリンク

Clock mini v2.2

 Clock mini v2.2では新たにDockアイコンからタイマーをスタート/ストップ/ポーズすることが可能になり、タイマーの時刻もカスタマイズすることが可能になりました。また、タイマー終了時のサウンドもAlarmやCommute, Echo, Party, Toy, Wrongが追加されています。

Clock mini v2.2

 加えて、有料のカラーテーマに[Mint]が追加され、常時Clock miniを起動してくれているユーザーのために、メモリとCPU使用率を大幅に改善し、秒針が表示された状態でも約3%に抑えることに成功しているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Clock mini v2.2のメモリとCPU使用率