Google Chrome v80の安定版がリリース。macOS 10.15 Catalinaで「ヒラギノ角ゴ Pro/ProN」が反映されない不具合が修正。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaで「ヒラギノ角ゴ Pro/ProN」が反映されない不具合が修正されたGoogle Chrome v80の安定版がリリースされています。。詳細は以下から。

Google Chromeのロゴ

 Googleは現地時間2020年02月04日、スケジュールどおりChrome Stable Channelをアップデートし、Webブラウザ「Google Chrome v80」の安定版を各プラットフォームにリリース/ロールアウトを開始しましたが、同バージョンでは2019年10月にリリースしたmacOS 10.15 Catalina以降の日本語環境で問題になっていたヒラギノ角ゴ Pro/ProNフォントが反映されない問題が修正されています。

Google Chrome v80

The Chrome team is delighted to announce the promotion of Chrome 80 to the stable channel for Windows, Mac and Linux. This will roll out over the coming days/weeks.

Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop – Google Blog

スポンサーリンク

Chromeとヒラギノフォントの問題

 この問題はmacOS 10.15 Catalinaに「ヒラギノ角ゴ Pro/ProNフォント」が同梱されているにも関わらず、CatalinaのNSFontManager APIのavailableFontsで「Hiragino Kaku Gothic ProN」がリストされず「Hiragino Sans *」のみになってしまったことが原因で、

Google Chrome v79とv80のヒラギノフォント

同バージョンでは設定のカスタムフォントリストには「ヒラギノ角ゴ Pro/ProN」が表示されない問題も修正されているので、Webデザイナーの方はチェックしてみてください。

macOS 10.15 CatalinaとGoogle Chromeのフォント設定

クリックで拡大