AdobeやSketch、Affinityシリーズのアプリと連携可能で、フォントのプレビューなどが可能なフォントマネージャーアプリ「RightFont for Mac」の機能限定版がMac App Storeで公開。

スポンサーリンク

 AdobeやSketch、Affinityシリーズのアプリと連携可能で、フォントのプレビューなどが可能なフォントマネージャーアプリ「RightFont for Mac」の機能限定版がMac App Storeで公開されています。詳細は以下から。

RightFont for Mac

 RightFontは2015年にAdobe PhotoshopやSketch向けにプラグインを開発しているMarkly Teamが開発したMac/iOS対応のフォントマネージャーアプリで、フォントファミリーのグループビューやGoogle Fontsのダウンロード&同期機能などが利用可能ですが、このRightFontのMac App Store版が今年08月頃から公開されていました。

RightFont 5 Mac App Store Version

RightFontは、Photoshop、InDesign、Illustrator、Sketchなどのデザインソフトウェアに完全に統合された、フォントのプレビュー、インストール、同期、管理を支援するシンプルな強力なフォントマネージャーです。デザインに適したフォントを見つけるのに役立ちます。

RightFont – font manager – Mac App Store

 RightFontの最新バージョンはv5.5.8で、現在はRightFont Team(LIYI CHENG)さんがメンテナンスを行っているようですが、Mac App Store版は機能が限定されており、比較してみたところ、

Mac App Store版ではインストールされているフォントの確認やプレビューは可能なものの、RightFontからAdobeやSketch、Affinityシリーズなどサードパーティ製アプリで編集しているテキストのフォントを変更するIntegration機能やGoogleやAdobe、SkyFontsが提供するフォントの同期、

RightFont 5の機能比較

クリックで拡大

ドキュメントやリソースに使用されているフォントで不足したフォントがあると、そのドキュメントをアプリで開いた際に自動的に不足しているフォントを検出し、可能ならばアクティベートしてくれるAuto Activation機能など主要な機能が利用できなくなっています。

RightFont 5の比較

クリックで拡大

 以上の通り、Mac App Store版のRightFont 5はフォントマネージャーとビュアー以外のほぼ全ての機能が利用できませんが、システム要件はOS X 10.11 El Capitan以上でmacOS 10.15 Catalinaにも対応し無料で利用可能なので、RightFontのライセンス(35ドル)を購入する前のトライアル版として利用してみてください。