macOS 10.14 Mojaveのダークモードに対応したMac用多機能ファイラーアプリ「Path Finder v8.3」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveのダークモードに対応したMac用多機能ファイラーアプリ「Path Finder v8.3」がリリースされています。詳細は以下から。


 Path Finderシリーズはアメリカ・カリフォルニア州のCocoatech社が2001年から開発&販売しているmacOS用の多機能ファイラーアプリで、旧Finder風のラベルやファイルを一時保持してくれるDrop Stack機能、Dual Pane ViewやDiff機能などが利用できますが、このPath Finderがv8.3アップデートでmacOS 10.14 Mojaveから採用されたダークモードに対応しています。

Path Finder v8.3

Changes in version 8.3.1

  • Added support for macOS 10.14 Mojave system light/dark mode.
  • Fixed potential crahs when saving files and folders history.
  • Fixed some potential crashes and exceptions.

リリースノートより抜粋

 Path Finder v8.2ではmacOS Mojaveでダークモードを選択しても、パネル内部が白くなりギャラリービュー表示時にファイル名やファイルのメタデータ情報が見えない不具合がありましたが、本日リリースされたv8.3ではアピアランス全てがダークモードに対応しており、

ダークモードのサポートされていないPath FinderダークモードのサポートされたPath Finder

設定メニューの[アピアランス]タブには「Use system colors」というオプションが追加され、システムカラーとは別にアピアランスを設定できるようになっています。

Path Finder v8.3

 Path Finderの価格は40ドルで、公式サイトには30日利用可能なトライアル版も公開されているので、興味のある方は利用してみてください。