Slack、ブランドデザインのリニューアルに伴いSlackアプリなどのロゴを刷新。

シェアする

スポンサーリンク

 Slackがブランドデザインのリニューアルに伴いSlackアプリなどのロゴを刷新しています。詳細は以下から。

Slack for Mac new logo

 ワークチャットやコラボレーションサービスを提供しているSlack Technologies, Inc.は現地時間2019年01月16日、現在行っているブランドデザインのリニューアル計画の1つとして、Slackアプリなどのアイコンにも利用されているロゴのデザインを刷新したと発表しています。

Slack for Macのロゴ

本日、ブランドデザインのリニューアル計画の第一弾として、Slack では新ロゴを発表しました。Slack 社員だけでなく、ユーザーの皆さんにも愛されてきた以前のロゴ (とデザイン) をなぜ変えるのか、疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。そこで、デザイン刷新の理由と、新しいデザインに込めた思いをご説明したいと思います。

Slack のロゴが新しくなりました! – The Official Slack Blog

スポンサーリンク

刷新理由

 Slackの公式ブログによると、これまで利用してきたSlackのロゴはSlackのチャンネル名に付く「シャープ記号」に似せたものでしたが、このブランドロゴはシャープ(#)似かつ11種類の色を利用していたため、#の傾きや白地以外の背景、配色の間違いなどで様々な見た目になるため、用途により複数のバージョンを用意していたそうですが、これではVIに一貫性がないという理由から今回ロゴの刷新を行ったそうで、

Slackの11色ロゴ

新しいロゴはアプリのほか、ウェブサイトや広告など幅広く利用できる一貫性のあるデザインで、既に本日アップデートが公開されたMac/iOSアプリでは通知センターのアイコンを含め新しいロゴに差し替えられており、その他のプラットフォームでも今後数ヶ月をかけてロールアウトしていくそうです。

 また、新しいロゴはニューヨーク&ロンドンに拠点を置くデザインスタジオPentagram社と協力して行われたそうで、Pentagram社も今回のSlackロゴが決まるまでのストーリーを公式サイトに公開しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Slackロゴのバリエーション