MacBook Pro (16-inch, 2019)にはディスプレイの開閉や開き角度をチェックするセンサーが追加されている。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (16-inch, 2019)にはディスプレイの開き角度をチェックする角度センサーが追加されているそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro (16-inch, 2019)

 米iFixitやMacRumorsによると、Appleが11月13日に発表したMacBook Pro (16-inch, 2019)には、MacBook Pro本体とディスプレイのヒンジ部分にディスプレイの開閉などを通知するセンサー(lid angle sensor)がRetinaディスプレイ向かって左側に追加されているそうです。

MacBook Pro (16-inch, 2019)の開放角センサー

iFixit:Looks like Apple added a lid angle sensor. Why would they need that?

As it turns out, there is one more change. In an internal document to Apple Authorized Service Providers, obtained by MacRumors, Apple indicates the 16-inch MacBook Pro includes a new “lid angle sensor” that presumably monitors the opening and closing of the notebook and the precise position of the lid.

16-Inch MacBook Pro Features New ‘Lid Angle Sensor’ – MacRumors

スポンサーリンク

新しいセンサーの役割は?

 MacBook Pro (16-inch, 2019)より前のMacBookシリーズにはディスプレイの開閉だけをチェックできる磁気センサーがあり、MacBookのスリープやスリープの解除だけでなく、MacBookの左サイドに磁石を当てることでオープン(疑似)クラムシェルモードにすることが可能でしたが、新しいセンサーはディスプレイの開閉だけでなく開き角も調べているようで、

疑似クラムシェルモード

MacRumorsがAppleの正規サービスプロバイダーに提供しているサポートドキュメントで確認したところ、このセンサーはディスプレイの開閉および開き角を取得し、センサーはヒンジに埋め込まれた磁石の「極」を利用し開き角度を認識するそうで、iFixitが確認したところヒンジには磁石の極を確認できるよう矢印が刻印されていたそうです。

ヒンジの磁石

iFixit : The arrow on the magnet indicates alignment/polarity, which rotates in sync with the display.

 Appleが何のためにこのセンサーを採用したかは定かではないようですが、MacBook Pro (13-inch, 2016)ではディスプレイの開閉を繰り返すうちにフレキシブルケーブルが破損し、バックライトがコントロールできなくなりディスプレイ下からLEDの光が漏れ出すことでステージライトのようになる「Flexgate」が確認され、Appleが無償修理を発表していたため、

MacBook Pro Late 2016のflexgate

iFixitはAppleはこのセンサーを利用してディスプレイの開閉回数や開き角度とフレキシブルケーブルの劣化度合をディスプレイの交換時に収集&確認するのではないかと予想していますが、一部ユーザーの間ではMacBook ProにFaceIDが採用された際にもこのセンサーが役に立つのではないかという意見も出ています。

MacBook Pro (16-inch, 2019)の開放角

Flexgateのタイムライン

  • 2019年01月
    ▶2016年製以降のMacBook Proでディスプレイ下から光が舞台照明のように漏れ出すFlexgateが確認される。

  • 2019年03月
    ▶iFixitがMacBook Pro (2018)でフレキシブルケーブルの破損によりディスプレイ下から光が漏れ出す「Flexgate」問題をケーブル長を変えることで修正しているようだと発表。

  • 2019年03月
    ▶Flexgate問題が修正されているのは2018年モデルだけで、2016~2017年モデルは未対応なもよう。

  • 2019年05月
    ▶Appleがごく一部の13インチMacBook Proで、ディスプレイのバックライトが断続的に表示される/バックライトが機能しなくなる問題が確認されたとしてディスプレイバックライト修理プログラムを発表。

  • 2019年11月
    ▶新しい16インチRetinaディスプレイを搭載したMacBook Pro (16-inch, 2019)にディスプレイの開閉や開放角をチェックするセンサーを追加。