MacBook Proのディスプレイ下から光が漏れ出す「Flexgate」の改善は2018年モデル以降で、2017年モデルは2016年モデルと同じもよう。

スポンサーリンク

 MacBook Proのディスプレイ下から光が漏れ出す「Flexgate」の修正/改善は2018年モデル以降で、2017年モデルは2016年モデルと同じようです。詳細は以下から。


 米iFixitは2019年03月始め、MacRumrosユーザーの指摘によりAppleがMacBook Pro (2018)で2016年モデルより数mm長いディレクトリ接続用フレキシブルケーブルを採用していることを確認し、Appleが密かにMacBook Proのディスプレイ下から光が漏れ出すFlaxgateを修正し発生率が改善されたのではないかとコメントしていましたが、

Flexgate前後のMacBook Pro

Since we were just wrapping up writing the repair manual for the 2018 model anyway, we checked inside our 2018 15” MacBook Pro again to measure its cable against its 2016 predecessor—and found the 2018 cable was, in fact, a full 2mm longer.

Apple’s 2018 MacBook Pros Attempt to Solve Flexgate, Without Admitting It Exists – iFixit

その後、何人かのユーザーから「2017年モデルはどうなっているのか?」というコメントを頂いたので確認してみたところ、2017年モデルを3台購入したRoger Aさんが「2017年モデルの1台目は2回キーボードを交換し、2台目は現在キーボード問題が発生、そして3台目はキーボードとFlexgateで使えなくなっている」というコメントを投稿しており、同じ2017年モデルでFlexgateに遭われた方も数名[1, 2, 3]確認されています。

We’ve got three 2017 MBPs – the first has already been replaced twice for keyboard problems, the second is now starting to exhibit keyboard problems and the third is completely unusable due to having both keyboardgate and flexgate simultaneously.

Apple’s 2018 MacBook Pros Attempt to Solve Flexgate, Without Admitting It Exists – iFixit

スポンサーリンク

フレキシブルケーブルの比較

 また、iFixitの分解レポートを見れば2018年以降でフレキシブルケーブルが変更されているのが確認できるというご指摘があったので確認してみたところ、2017年と2018年モデルではフレキシブルケーブルの曲がり方が違うことから、AppleがFlexgateを改善したのはキーボードを第3世代バタフライ構造に変更したMacBook Pro (2018)以降となっているようです。

MacBook Pro 2016/2017/2018 Flexgate

クリックで拡大

 ただ、フレキシブルケーブルの調整でFlexgateの発生率がどれだけ改善されるかは不明で、iFixitはこの結果が出るのには2016~2017年モデルと同じく1~2年年待たなければならないとコメントしています。

コメント

  1. 匿名 より:

    2017使ってるけどApple Care入ってない場合、これは無償修理になるのかな
    なるといいな

  2. 匿名 より:

    今年はちゃんとしたのが出ますように(ー人ー)

  3. 匿名 より:

    もう、マトモな製品は作れない会社になってしまったからね。
    利益重視でコスト押さえてるのに、値上げだからね。
    喜ぶのは株主さん?