MacBook Pro (16-inch, 2019)の新しいMagic Keyboardのキートップは旧モデルと同じシンボルとフォントに。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (16-inch, 2019)の新しいMagic Keyboardのキートップは旧モデルと同じシンボルとフォントになっているそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro (16-inch, 2019)

 Appleは現地時間2019年11月13日、2016年にMacBookに採用したバタフライ構造のキーボードを廃止し、新たに物理ESCキーと逆Tアレンジの矢印キー、シザー構造を採用した「Magic Keyboard」採用のMacBook Pro (16-inch, 2019)を発売しましたが、同モデルのキートップはMacBook Pro (2018)と同じシンボルやフォントが採用されているようです。

再設計されたシザーメカニズムと1mmのキーストロークで打鍵感を改良した新しいMagic Keyboardを搭載する16インチのMacBook Proは、Macノートブック史上最高のタイピングエクスペリエンスを提供します。16インチのMacBook Proはまた、6スピーカーのサウンドシステム、より長いバッテリー駆動時間、Touch Bar、Touch ID、感圧タッチトラックパッド、そしてApple T2 Securityチップを搭載しています。

Appleが世界最高のノートブック、16インチのMacBook Proを発表 – Apple

スポンサーリンク

キートップ

 Appleはバタフライ構造のキーボードの世代をアップデート(2016/2017/2018)するたびに、キートップのフォントとシンボルを変更し、見る人が見ればキーボードだけで何年製のMacBook Proか分かるようになっていますが、MacBook Pro (16-inch, 2019)のMagic Keyboardはキートップのシンボルは2018/2019年製の第3世代(3.5世代)バタフライ構造のキーボードと同じで、フォントも引き続きSan Franciscoフォントが採用されており、

MacBook Pro (15-inch, 2019)MacBook Pro (16-inch, 2019)

日本語配列のフォントも「SF Pro JP」で変更はないようなので、MacBook Pro (16-inch, 2019)を購入された方やApple Storeへ行かれる方はチェックしてみてください。

MacBook Pro (16-inch, 2019)のキートップ

クリックで拡大

MacBook Pro (16-inch, 2019)の方が筐体の幅が0.86 cm大きくなっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    やっとまともなキーボードに戻りましたね

  2. 匿名 より:

    キートップの黒が塗装で、割と簡単に剥げる(削れたようになる)のが改善されているのかが気になります。

  3. 匿名 より:

    問題はOSだね。
    せめてMojaveで出てれば使い物になったのに…
    MacPro同様に残念

  4. 匿名 より:

    バタフライ構造も打鍵感は好きなので、シザー構造がどんな感じなのか気になるところ