Apple、MacBook Pro 2017モデルに続き2018モデルでもキートップのフォントやシンボルを変更。

スポンサーリンク

 AppleはMacBook Pro 2017モデルに続き、2018モデルでもキートップのフォントやシンボルを変更/修正しているそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro 2018のアイコン

 Appleが2017年06月に発売したMacBook Pro (2017)のキーボードは2016年モデルと同様、Appleの第2世代バタフライ構造のキーボードが採用されていたものの、キートップには変更があり、コントロールとオプションキーにシンボルがプリントされていました。これに関して米iFixitが確認したところ、Appleは2018年モデルのキーボードでもキートップを修正しているようです。

スポンサーリンク

比較

 Appleの公式サイトに掲載されていた2016年から2018年モデルのMacBook Proのキーボードを比較したところ、2017年モデルではコントロールとオプションキーにシンボルが追加され、更に2018年モデルではオプションキーのシンボル、コントロールキーのシンボルのウエイトが変更されている他、JISキーボードに関してもフォントの変更が行われているのが分かります(平仮名の「り」の上や「け」や「は」の”はらい”など)。

クリックで拡大 (2018モデルは15インチモデルのキーボードをトリミングして利用しています。)

 Appleは2015年からMacBook(MacBook Proは2016年から)やワイヤレスキーボードにApple OSにも利用しているSan Franciscoフォントを採用しており、最近では日本の公式サイトでSF Pro JPを利用しているので、MacBook Pro 2018のキーボードに刻印されているフォントもSF JPかもしれませんが、

とりあえず、フォント好きの方なら外見に変化のないMacBook Pro 2016~2018でも、そのキートップを見ただけで、どのモデルかがわかると思うので、Apple Storeや家電量販店でチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    記号しかついてないキーってどうなんだろうな
    キーボードに慣れてない人に伝えにくい気がする
    「shiftキー押して」「そんなキーないけど」

  2. 匿名 より:

    SF Pro JPの日本語部分はAXISのように見えます。
    ツイート引用の2018版の写真にある刻印の仮名もAXISのように見えるので、その推測は正しそうです(2017版はヒラギノ角ゴ)。

  3. 匿名 より:

    JISキーボードのダサさが凄い。ますます読みにくくなってるな。