クロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタ「iA Writer」がMac版との親和性を向上させ、iPadOSのマルチタスクや外部ドライブ、ダークモードに対応。

スポンサーリンク

 クロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタ「iA Writer」がMac版との親和性を向上させ、iPadOSのマルチタスクや外部ドライブ、ダークモードに対応しています。詳細は以下から。

iA Writerのロゴ

 ドイツiA Labs GmbHは現地時間2019年10月22日、MacおよびiOS、Windows/Androidのクロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタ「iA Writer」シリーズのMac/iOS/iPadOS版をv5.3へアップデートし、Appleが09月にリリースしたiOS 13/iPadOS 13の新機能に対応させたと発表しています。

iA Writer v5.3

  • macOS : iA Writer 5.3はiOS 13およびiPadOS 13のアップデートに付随するリリースです。
  • iOS/iPadOS : iA Writer 5.3により、iOS 13およびiPadOS 13の新機能が利用可能になりました。

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

iA v5.3

 iA Writer v5.3 for iOS/iPadOSではファイルブラウザおよびエディタエリアでのショートカットキーがmacOSと同じになり、Command+N/Shift+Command+Nで新規ファイルの作成や”…/hoge.txt”といった相対パスを使用したコンテンツブロック、そしてiOS 13/iPadOS 13以降で正規のダークモードにも対応しています。

ダークモードのiA Writer

外部ドライブやマルチタスキング

 また、iOS 13/iPadOS 13ではUSBメモリやHDD/SSDなどの外付けストレージに対応していますが、iA Writer v5.3のファイラーは直接外部ドライブにアクセスしファイルを開く/保存することが可能になっており、iPadでは同じアプリをSide-by-Sideで開く事ができる新しいマルチタスク機能にも対応しています。

iA Writer v5.3 multi task and usb drive

その他

 その他、iA Writer v5.3 for iOS/iPadOSではフルページスクリーンショットでのPDFファイルの作成、新しいテキスト選択ジェスチャ、macOSではハンドオフ機能の改善やWordファイルのインポート機能などが改善されているので、ユーザーの方は試してみてください。

iA Writer v5.3 for iOS/iPadOS

iA for macOS

iA Writer 5.3はiOS 13およびiPadOS 13のアップデートに付随するリリースです。

ファイルキーボードショートカットのアップデート

  • よりシンプル、かつiOSおよびiPadOSとのより高い整合性
  • Command+N 現在のウィンドウでファイルを新規作成します
  • Shift+Command+N 新しいウィンドウでファイルを新規作成します
  • Return 現在のウィンドウでクイック検索結果を開きます
  • Shift+Return 新しいウィンドウでクイック検索結果を開きます

相対パスを使用したコンテンツブロック

  • `../Note.txt` はパートナーフォルダからのファイル1個を含みます

ハンドオフ機能の改善

  • 複数のデバイスに同じ名前のライブラリーロケーションがあるとき、ハンドオフが機能するようになりました
  • ファイルはライブラリパスを使用してハンドオフされます: `/Locations/GitHub/Readme.md`
  • 両方のデバイスにiA Writer 5.3がインストールされている必要があります

その他の改善

  • ローカル画像へのリンクはファイルURLとして変換されるようになりました
  • Wordからのリンクのインポートを修正しました
  • WordへのGIFエクスポートを修正しました
  • ファイルが存在しない時に新規作成するよう、’write’ URLコマンドを’mode=append’に変更しました
  • Dockメニューを使用して新規作成された文書に対してアプリが始動
  • オーガナイザーのスマートフォルダをダブルクリックしてルールを編集(メールと同様)

iA for iOS/iPadOS

iA Writer 5.3により、iOS 13およびiPadOS 13の新機能が利用可能になりました。

iPadで複数のウィンドウ表示

  • スプリットビューを使用し、他のアプリとの画面分割表示や2つのiA Writerウィンドウの表示、または他アプリをスライドオーバーで表示可能
  • ライブラリ内のファイルを長押しし、「新しいウィンドウで開く」を選択します
  • またはアプリのアイコンをDockから画面の端にドラッグします
  • Shift+Command+N 新しいウィンドウで新しいファイルを開きます
  • Shift+Return 新しいウィンドウでクイック検索結果を開きます

ダークモード

  • iOSのダークモード設定に応じてアプリの外観が自動的に切り替わります
  • アプリの外観はiA Writer設定で手動でコントロールすることもできます

外付けドライブ

  • 外付けハードドライブ、SDカード、USBドライブからのライブラリロケーションを追加
  • 共有デバイスを介してのプライベートメモへのアクセスに便利です

フルページスクリーンショット

  • システムスクリーンショットエディタで「フルページ」をタップして素早くPDFに注釈を付け、送信
  • エディタスクリーンショットでプレーンなテキストPDFを作成
  • プレビュースクリーンショットでフォーマットされたPDFを作成

ライブラリ選択ジェスチャ

  • ライブラリで素早く複数のファイルを選択
  • 2本指でスライドする事で複数ファイルを選択可能
  • 編集モードのときはチェックボックスの上を1本指でスライド

テキスト選択ジェスチャ

  • 新しいテキスト選択ジェスチャ
  • 3本の指でピンチしてコピーする
  • 3本の指でテキストをドロップしてペーストする
  • 3本の指で左にスワイプして取り消す
  • 詳細情報はAppleの資料をご覧ください

相対パスを使用したコンテンツブロック

  • `../Note.txt` はパートナーフォルダからのファイル1個を含みます

ハンドオフ機能の改善

  • 複数のデバイスに同じ名前のライブラリーロケーションがあるとき、ハンドオフが機能するようになりました
  • ファイルはライブラリパスを使用してハンドオフされます: `/Locations/GitHub/Readme.md`
  • 両方のデバイスにiA Writer 5.3がインストールされている必要があります

その他の改善

  • ローカル画像へのリンクはファイルURLとして変換されるようになりました
  • Wordからのリンクのインポートを修正しました
  • WordへのGIFエクスポートを修正しました
  • ファイルが存在しない時に新規作成するよう、’write’ URLコマンドを’mode=append’に変更しました
  • いくつかのサードパーティアプリからのファイル変更追跡を改善しました