デフォルトではGatekeeperによってブロックされるApp Store外からダウンロードした全てのアプリケーションの実行を許可するオプションはmacOS 10.15 Catalinaでも利用可能。

スポンサーリンク

 App Store外からダウンロードした全てのアプリケーションの実行を許可するオプションはmacOS 10.15 Catalinaでも利用可能できます。詳細は以下から。

AppleのGatekeeperアイコン

 AppleはmacOS 10.15 Catalinaで開発者署名がないアプリをブロックするGatekeeperの機能を強化し、Appleの公証やNSTask/execもGatekeeperのチェック対象となっていますが、このGatekeeperでブロックされるApp Store外からダウンロードした未署名/未公証のアプリの実行を許可するオプションは正式リリースされたmacOS 10.15 Catalinaでも有効にできるようになっています。

WWDC 2019 All About Notarization

スポンサーリンク

すべてのアプリの実行を許可

 すべてのアプリの実行を許可するオプションはmacOS 10.12 Sierraより前のmacOS/OS Xにはシステム環境設定の[セキュリティとプライバシ]パネルに表示されていましたが、Sierra以降ではこのオプションが隠されています。

Gatekeeper spctl --master-disable

 ただ、Appleも開発者向けにGatekeeperのポリシーをコントロールする”spctl”コマンドで、この「すべてのアプリケーションを許可」するオプションを有効(表示)/無効(非表示)にできるようにしており、このオプションは正式にリリースしたmacOS 10.15 Catalinaでも利用可能です。

macOS 10.15 Catalinaでspctl --master-disable

  • Gatekeeperのステータス確認
  • spctl --status
  • Gatekeeperを一部無効にしてダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可。
  • spctl --master-disable
  • Gatekeeperを完全に有効にしてダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可しない。
  • spctl --master-enable

 このオプションはあくまでユーザーが場所のわからないバイナリやアップデータを利用する場合にのみ使う事を推奨されており、通常の未署名/未公証のアプリはアプリやバイナリはコンテキストメニューから「開く」を選択して個別に許可を与えた方が安全です。

macOS 10.15 Catalinaの開く