macOS 10.15 CatalinaではmacOSのSafariでもUniversal Linksが利用可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 CatalinaではmacOSでもUniversal Linksが利用可能になるそうです。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 AppleはiOS 9でWebブラウザ(Safari)からシームレスにアプリに移動する「Universal Links」機能を導入しましたが、Apple WebKitチームのエバンジェリストJonathan Davisさんによると、次期macOS 10.15 CatalinaではmacOSのSafariでもこの「Universal Links」がサポートされるそうです。

Universal Links allow your users to intelligently follow links to content inside your app or to your website. Learn how the latest enhancements in Universal Links give your users the most integrated mobile and desktop experience, even when your app isn’t installed on their device.

What’s New in Universal Links – Apple Developer

 WWDC2019のセッション515「What’s New in Safari」によると、macOSのSafariで対応するUniversal LinksもiOSと同様にHTTPSサイトにJSONファイル”apple-app-site-association”を配置しアプリをUniversal Linksに対応しておくことで、

Universal Links

URL Schemeのように確認ダイアログを表示せずにシームレスにネイティブアプリに操作を切り替えられるそうなので、Project CatalystでiPadアプリをMacに移植しても利便性を下げずにすむそうです。