Apple、「WWDC for iOS v7.2」をリリース。WWDCセッションの字幕に続きアプリも日本語と中国語に対応。

スポンサーリンク

 AppleがWWDCセッションの字幕に続きアプリも日本語と中国語に対応した「WWDC for iOS v7.2」をリリースています。詳細は以下から。

WWDC 2018アイコン

 Appleは現地時間2019年05月03日、来月06月03日 ~ 07日までの間、米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催するWWDC 2019を前に、WWDCのスケジュールやセッション、地図、イベントなどをチェックできるiOSアプリ「WWDC」をv7.2へアップデートし、セッションの動画字幕に続きアプリも日本語と中国語(簡体字)へローカライズしたと発表しています。

WWDC 7.2

フィードバックをありがとうございました。このアップデートでは、日本語と簡体字中国語、およびHandoffに対応し、軽微な改善とバグ修正が行われます。

WWDC – App Store

 また、同バージョンからはv6.0.2でサポートされたMacとのHandoff機能が強化され、セッション動画以外もWWDC for iOSで閲覧しているページをシームレスにMacのSafariで開くことが可能になっているようなので、興味のある方はMacのシステム環境設定でHandoffを有効にして試してみてください。

Handoff

Handoffが有効になるとMac/iOSのDock横/下にポップアップが表示されます。