macOS Sierraで廃止されたMacBookのバッテリー駆動時間をメニューバーに表示してくれる「Battery Indicator」がアップデート記念で無料セール中。

Battery Indicator for Macbook アプリ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 macOS Sierra 10.12.2で廃止されたMacBookのバッテリー残量を表示してくれる「Battery Indicator」がアップデート記念で無料セール中となっています。詳細は以下から。

Battery Indicator

 2016年、当時ユーザーの間でMacBookのメニューバーアイコンに表示されるバッテリーアイコンの「バッテリー駆動時間」が表示と違うと議論となったことから、Appleは2016年12月にリリースしたmacOS Sierra 10.12.2アップデートで、ユーザーに誤解を与えかねないとして、このバッテリー駆動時間表示を削除しましたが、

そのバッテリー駆動時間をメニューバーに表示してくれるサードパーティ製アプリ「Battery Indicator」が新たに公開され、v2.0アップデートと共に無料セールを実施しています。

Battery Indicator for Macbook

This is especially useful on macOS Sierra 10.12.2 or later where clicking the system battery indicator no longer shows the remaining time.The app has a setting to hide the menu bar icon when the power plug is connected, which can be useful if you only care about the battery time/percentage when on battery.

‎Battery Indicator – Mac App Store

Battery Indicator

 Battery Indicatorを開発しているのは元Googleのエンジニアで、現在はPatronの支援によりフルタイムでSwift&Node.jsのOSS活動を行う傍らMacBookのスリープを抑制してくれるアプリLungoやXcode不要のTouch BarシミュレータTouch Bar Simulatorなどを開発しているSindre Sorhusさんで、12日に公開されたBattery Indicator v2.0では、アイコンの高さがmacOSのネイティブ・バッテリーインジケーターと同じ高さになり、

Battery Indicatorの機能1

バッテリー駆動時間と残量(%)表示がフル充電以外で常に表示できるようになったほか、バッテリー残量が低下すると通知を表示する機能やMagSafeやUSB-C電源アダプターを接続し、バッテリーが充電されているときはインジケータ(アイコン)を非表示にする事でメニューバーを有効に使える機能が追加されているので、MacBookユーザーの方はチェックしてみてください。

Battery Indicatorのアイコンを電源アダプター接続時に非表示にするオプションを戻したい場合は電源アダプターを外すか、アプリを再起動することでアイコンが5秒間だけ表示されるので、その間に設定を変更する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました