Microsoft、Wunderlistに代わるタスク管理アプリ「Microsoft To-Do for iOS」で最大25MBまでの添付ファイルをサポート。

スポンサーリンク

 Microsoftがタスク管理アプリ「Microsoft To-Do for iOS」で最大25MBまでの添付ファイルをサポートしています。詳細は以下から。

Microsoft To Doのアイコン

 Microsoftは現地時間2019年01月28日、2015年に買収したタスク管理アプリ&サービスWunderlistをベースに開発を続けているタスク管理アプリ「Microsoft To-Do」のiOS版をv1.49へアップデートし、ファイル添付機能を追加したと発表しています。

New: Introducing file attachments! Now you can attach any file (up to 25 MB) or photo straight from your phone to a task on a personal list.

Microsoft To-Do – App Store

 添付できるファイルのサイズは最大25MBまでで、iPhoneで撮影した写真も添付可能となっており、[タスク]の詳細から[ファイルの追加]を選択することで、ファイルを添付することが可能です。

Microsoft To-Do – App Store

スポンサーリンク

おまけ

 また、Wunderlistの買収と共に廃止されてしまったMac用アプリについては、ユーザーからのリクエストが多いようで、公式のTwitterアカウントも現在開発に取り組んでいるとコメントしているので、Aoのようなサードパーティアプリではなく、ネイティブの公式アプリがリリースされるかもしれません。