オープンソースのMac用バイナリエディタ「Hex Fiend」がv2.10へアップデートしmacOS Mojaveのダークモードやタブをサポート。

スポンサーリンク

 オープンソースのMac用バイナリエディタ「Hex Fiend」がv2.10へアップデートしmacOS Mojaveのダークモードやタブをサポートしています。詳細は以下から。

Hex Fiend

 Hex Fiendは元AppleでAppKitの開発に関わり、現在はFacebookのソフトウェア・エンジニアをされているPeter Ammonさんが2005年から開発を続けているオープンソースのバイナリエディタで、2018年04月からはMac App Storeでの配布も開始されましたが、このHex Fiendの最新バージョンとなるv2.10がリリースされています。

Hex Fiend v2.10.0

  • Add dark mode for 10.14 Mojave
  • Initial tabbed windows support (thanks saagarjha)
  • Binary template improvements

リリースノートより

 Hex Fiend v2.10.0ではmacOS 10.14 Mojaveでのダークモードやタブや全てのタブ表示、v2.9で追加されたユーザーが定義した情報を表示してくれる「Binary template」機能に”bytes”や”zlib_uncompress”コマンドが追加されているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Mac App Store版は現在もv2.8となっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    いいねー