macOS MojaveでないmacOSでもダーク・アピアランスが利用可能になったタスク管理アプリ「Things for Mac v3.7」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS MojaveでないmacOSでもダークモード・アピアランスが可能なタスク管理アプリ「Things for Mac v3.7」をリリースされています。詳細は以下から。

Things 3のアイコン

 ドイツCultured Code GmbH & Co. KGは現地時間2018年09月24日、同社が開発&販売しているMac/iOS用タスク管理アプリThings」シリーズのMac版をv3.7へアップデートし、ダークモードをサポートしたと発表しています。

Things for Mac v3.7

新機能 2018年9月24日 バージョン 3.7
今回のアップデートにはmacOS Mojaveの完全なサポートが追加され、新しく、美しいダークモードがThingsに登場します。

MOJAVE対応のダークモード

  • ThingsはmacOSのシステム環境設定で選択されたアピアランスを基に明るいモードとダークモードを自動的に切り替えます。
  • Thingsのメニューバーで“表示” → “アピアランス”と進むと、常にダークモードを実行することもできます。

HIGH SIERRAおよびそれ以前対応のダークモード

  • ダークモードのThingsはとても美しいルックスです。そこで、これまでのmacOSバージョンにも使用できるようにしました。
  • Thingsのメニューバーで“表示” → “アピアランス”と進み、明るいとダークモードを切り替えてください。

リリースノートより

 ダークモードは日本時間2018年09月25日にリリースされるmacOS 10.14 Mojaveで採用されるアピアランスを暗くする機能ですが、Things v3.7 for MacではMojave以外のmacOSでも擬似的にダークモードをサポートしているそうで、Thingsメニューの[表示] → [アピアランス]から「ダーク」を選択するだけでデークThingsが利用できるようになるので、ユーザーの方は試してみて下さい。

Things for Mac v3.7でダークモード

Things for MacはMac App Storeで6,000円ですが、公式サイトにはトライアル版も公開されています。