Blackmagic Design、新しいRAWフォーマットおよびMac用プレイヤー「Blackmagic RAW/Player」を発表。

シェアする

スポンサーリンク

 Blackmagic Designが新しいRAWフォーマット「Blackmagic RAW」およびMac用プレイヤー「Blackmagic RAW Player」を発表しています。詳細は以下から。

Blackmagic RAW Player

 Thunderbolt 3に対応したeGPU「Blackmagic eGPUなどをAppleと共同開発しているオーストラリアの映像機器メーカーBlackmagic Designは現地時間2018年09月14日、新たな映像用RAWフォーマット(コーデック)「Blackmagic RAW」を開発し、SDKやPlayerなどを公開したと発表しています。

進化したデモザイクアルゴリズムなどの新テクノロジーを複数採用したBlackmagic RAWでは、高解像度、高フレームレート、ハイダイナミックレンジのワークフローに最適な視覚的ロスレスのイメージが得られます。驚異的な画質、幅広い種類のメタデータのサポート、高度に最適化されたGPUおよびCPUアクセラレーション処理などの優れた特徴により、Blackmagic RAWは、撮影、ポストプロダクション、フィニッシングに使用できる世界初のコーデックとなっています。

Blackmagic URSA Mini Pro – Blackmagic RAW – Blackmagic Design

 プレスリリースによるとBlackmagic RAWコーデックはモザイク処理の一部がコンピュータのCPUからカメラ本体に移され、エンコーディングの効率が劇的に向上したほか、AVX、AVX2、SSE4.1に対応したプロセッサー向けに最適化されており、AppleのMetalを含むCUDA、OpenCLなどを利用したGPUアクセレーションにも対応しているそうです。

 Blackmagic RAWは現在Public Beta段階でURSA Mini Pro 4.6Kがこのコーデックを使用できるアップデートを受け取ることができるそうですが、Blackmagicはこのリリースに合わせて開発者向けに「Blackmagic RAW SDK」やMac用プレイヤー「Blackmagic RAW Player」、サンプルファイル(.braw)が公式サイトに公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    なんというかこれ、Windows版QuickTime終了でハンドリングが悪くなったProResの置き換えだよな。
    FinalCutPro7が終了してXにせず他のソフトに行った人は機材更新のタイミングで結構Windowsに移った人が多いし。
    CineFormも良いんだけれど、今一つ書き出しでは使い勝手が悪いしDNxHDはたまにマスターとしてはとんでもない画を吐き出すから撮影時にお世話になりやすいBlackmagicが推すフォーマットならちょっと期待できそう。