USB-C接続&UHS-II対応のSDカードリーダー「Satechi Type-C UHS-II Micro/SDカードリーダー」レビュー。

シェアする

スポンサーリンク

 USB-C接続&UHS-II対応のSDカードリーダー「Satechi Type-C UHS-II Micro/SDカードリーダー」レビューです。詳細は以下から。


 以前、USB-C接続でUHS-II対応のSatechi Type-C UHS-II Micro/SDカードリーダーを紹介したところ、Satechiさんからレビュー品をお借りすることができたのでベンチマークをしてみました。

 SD 4.0 UHS-II規格自体はSD Associationにより2011年に発表され、現在はデジカメやDJIなどのドローンでも利用されていますが、AppleはUSB-Cポートを採用したMacBook RetinaおよびThunderbolt 3対応のMacBook ProでSDカードリーダースロットを廃止してしまったため、

2018年09月現在、Macのラインナップの中ではiMac Proが唯一UHS-II対応のSDXCカードをサポートしたカードリーダーを搭載している状態で、その他のMacはサードパーティ製のSD/microSDカードリーダーを利用するしかない状態となっています。

スポンサーリンク

SDカード&カードリーダー

 今回ベンチマークに使用した機器は以下の通りで、比較のためにUHS-IとUHS-II対応のmicroSDXCカードおよび、Kindleにデータを送るために1,000円程度で購入したEC TechnologyのUSB-A/-C対応SDカードリーダー、そしてMacBook Pro (Early 2015)に搭載されているSDカードリーダーを利用したスコアも掲載しています。

Satechi Aluminum Type-C UHS-II Micro/SD Card Reader

SDカード

 SDカードはSanDiskのUHS-IとUHS-IIをサポートしたmicroSDXCカードを利用しており、容量はどちらも64GBをexFATでフォーマットしてあります。UHS-II対応のSDカードはUHS-II信号用のピンが増えているので裏を見ればすぐ分かります。

SDカードリーダー

 Macのシステム情報で確認したところ、SatechiとEC TechnologyのSDカードリーダーはどちらも台湾Genesys Logic, Inc.のコントローラーを採用していますが、Satechiの方はUSB 3.1 (Gen 1)で5Gbps、EC Technologyの方はUSB 2.0の480Mbpsまでの転送速度となっています。

クリックで拡大

ベンチマーク

 ベンチマークにはBlackmagic Disk Speed Testを利用し、以下の数値は3回行ったテストの平均値となっています。結果はUHS-II対応のSatechiとSanDisk付属のカードリーダーが「Sandisk microSDXC UHS-II Extreme PRO U3」の最大転送速度READ 275MB/s、WRITE100MB/sに近い値が出ており、

クリックで拡大

Satechi
USB-I
Satechi
USB-II
EC
USB-I
EC
USB-II
SanDisk
USB-II
MacBook Pro
USB-II
WRITE[MB/s] 56.9 77.7 25.6 16.0 81.8 57.2
READ[MB/s] 91.5 211.3 20.9 20.6 208.2 86.1

MacBook ProとEC TechnologyのSDカードリーダーのスコアより、UHS-II非対応のカードリーダーではUHS-II対応のカードリーダーと比較してWRITEが約75%、READが約40%、USB 2.0対応カードリーダーではWRITEが約33%、READが約10%となっていることがわかると思います。

 今回は対応するSDカードがなかったので試せませんでしたが、SatechiのSDカードリーダーの最大転送速度は312Mbpsで、MicroSDとSDカードリーダーが分かれている(2-in-1)ため、MicroSDとSDカード両方同時に扱えるほか、挿入/排出が分かりやすいプッシュイン/プッシュアウト方式、動作確認用のLEDを搭載し、

クリックで拡大

価格はAmazonで3,899円となっており、現在のところカラーはスペースグレー(ST-TCU3CRM)しかありませんが、シルバー(ST-TCU3CRS)の取扱も後日入荷予定とのことなので、USB-C/Thunderbolt 3対応のMacBook/ProでSDカードリーダーを探している方はチェックしてみてください。