ペアリングしたMacがWake/SleepするとiPhoneやiPad、Apple Watchに通知してくれるアプリ「Watcher」がリリース。

スポンサーリンク

 ペアリングしたMacがWake/SleepするとiPhoneやiPad、Apple Watchに通知してくれるアプリ「Watcher」がリリースされています。詳細は以下から。


 Watcherは米PheramorのiOSエンジニアMicah Bennさんが開発したMac/iOS用セキュリティアプリで、ペアリングしたMacがスリープ(Sleep)またはスリープから復帰(Wake)するとiPhoneやiPad, Apple Watchに通知を表示してくれる機能があります。

Be alerted on your iPhone, iPad, and Apple Watch when your computer wakes or sleeps with Watcher, formerly called Blink.
Odds are that you leave your computer alone somewhere everyday, leaving it vulnerable to anyone trying to guess your password.
But hey! You always have your other Apple devices with you, and with Watcher you’ll be notified whenever any of your Macs wake or sleep. You never even have to open the iOS app after pairing – just carry on with your normal routine and your Mac will send you notifications as needed.

Watcher – Computer Watchdog

スポンサーリンク

使い方

 使い方はまずMac/iOSアプリをMac App Store/App Storeからダウンロード&インストールし起動。ペアリングのためにHandoffかQRコードペアリングを利用します。

 Handoff機能を利用していない場合はカメラへのアクセスを許可し、起動したMacアプリに表示されるQRコードをiPhoneやiPadのWatcherアプリで撮影すればセットアップ完了です。

 後は、ペアリングしたMacがSleep状態またはSleep状態からWakeすると以下のようにiPhoneやiPadに通知が表示されます。

 WatcherにはDo Not Disturb」アプリのようにMacを起動したユーザーの顔をFaceTimeカメラなどで撮影する機能はありませんが、iPhoneからの通知をApple Watchにも反映できるので、Macから離れる事が多い方は利用してみてください。