Blender、Mac/Win/Linuxに対応した公式のベンチマークアプリ「Blender Benchmark」およびOpen DataサイトのBeta版を公開。

スポンサーリンク

 BlenderがMac/Windows/Linuxに対応した公式のベンチマークアプリ「Blender Benchmark」およびベンチマークスコアのデータベースのBeta版を公開しています。詳細は以下から。


 オープンソースの3Dモデリングアプリを開発しているBlender Developersは現地時間2018年08月10日、Blenderがどの様なOSやハードウェアで利用されているかを収集し、Blender開発者を支援するためのベンチマークアプリ「Blender Benchmark」のPublic Beta版を新たに公開したと発表しています。

Today we present the Blender Benchmark, a new platform to collect and display the results of hardware and software performance tests. With this benchmark we aim at an optimal comparison between system hardware and installations, and to assist developers to track performance during Blender development.

Introducing Blender Benchmark — blender.org

スポンサーリンク

Blender BenchmarkとOpen Data Portal

 Blender Benchmarkはユーザーのプライバシーとデータの透明性に重点において開発されているそうで、いくつかのファイルをレンダリングするベンチマークパート、結果をオプションでアップロードしOpen Dataとして公開できる共有パートの2つから構成され、アプリはGUN GPLのソフトウェアとパブリックドメイン(CC0)のコンテンを採用しており、

Blender BenchmarkはQuickとCompleteの2つのベンチマークテストを実行できますが、後者は4GiBのGPUメモリを搭載したPCで約1.5時間かかるそうです。

ベンチマークアプリで計測したスコアは計測に利用したPC/Macのシステム情報(OS)やRAM、GPU、CPUの情報と一緒にローカルに保存またはオンラインデータベースmydata.blender.orgにユーザーID(Blender ID)と紐づけされアップデートでき、ユーザーが許可した場合に限りこのデータは匿名化されBlender Open Data」ポータルで公開されるそうです。

In order to provide control over the data that is shared online, the benchmark result is first associated with the Blender ID of the user, and uploaded on mydata.blender.org, where the user will be able to redact and anonymize the parts containing personal information (Blender ID username and hostname). Currently this information is removed by default. No other personal information is collected.

Introducing Blender Benchmark — blender.org

 Blender BenchmarkおよびBlender Open Dataポータルは公開されたばかりで、まだ見れないデータやデータに偏り(開発チームのPCとスコアが多いため)があるようですが、既にBlender IDやベンチマークスコアの登録(アップロード)は始まっているので、Blenderユーザーの方は協力してあげてください。