MacBook Pro 2018のTrue Toneテクノロジーは新しいマルチチャンネル環境光センサーを利用しているため、古いMacやクラムシェルモードでは利用不可能。

スポンサーリンク

 MacBook Pro 2018のTrue Toneテクノロジーは新しいマルチチャンネル環境光センサーを利用しているため、古いMacやクラムシェルモード時は利用出来ないそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro 2018のアイコン

 Appleが新たに発売を開始したMacBook Pro 2018はMacとしては初めてTrue Toneテクノロジーがサポートされ、周囲の光に合わせてディスプレイの色温度や輝度が自動的に変更されるようになっていますが、Mac Rumorsによると、このTrue Toneテクノロジーにはマルチチャンネル環境光センサーが利用されているそうです。

Apple says the new MacBook Pro has a multi-channel ambient light sensor, next to the FaceTime HD camera, that can assess brightness as well as color temperature, adding that the display should be open to enable that functionality. Apple added that True Tone does not use the FaceTime HD camera for its operation.

True Tone on External Displays Doesn’t Work With MacBook Pro in Clamshell Mode [Updated] – Mac Rumors

 AppleによるとTrue ToneテクノロジーはFaceTime HDカメラではなく、MacBook Pro 2018から採用されたマルチチャンネル環境光センサーを利用しているため、ソフトウェア・アップデートで古いMacでも利用することが可能になるということはないそうで、Appleは同時に「LG UltraFine 4K/5K Display、Apple Thunderbolt DisplayでもTrue Toneによる調整をサポートする」というサポートドキュメントを公開していますが、

Update: As we suspected, True Tone does not work on external displays when the connected MacBook Pro is in clamshell mode.

True Tone on External Displays Doesn’t Work With MacBook Pro in Clamshell Mode [Updated] – Mac Rumors

これもMacBook Proの環境光センサーが利用できる事が前提のようで、MacRumorsがテストしたところ、MacBook Proの蓋を閉じて外部ディスプレイに接続するクラムシェルモードではTrue Toneは利用できなかったそうなので、購入された方はチェックしてみてください。