OWC、Thunderbolt 3接続で4つのNVMe SSDスロットを搭載したRAID対応ストレージケース「Express 4M2」を発売。

スポンサーリンク

 OWCがThunderbolt 3接続で4つのNVMe SSDスロットを搭載したRAIDストレージケース「Express 4M2」を発売しています。詳細は以下から。


 米サードパーティ製メーカーのOWCは現地時間2018年06月29日、4つのNVMe SSDを搭載しSoftwareRAIDを構成できるThunderbolt 3対応のエンクロージャー(ストレージケース)「OWC Express 4M2」の発売を開始したと発表しています。

OWC Express 4M2

OWC has announced the availability of the OWC Express 4M2 Thunderbolt 3. Designed with superior ease-of-use in mind, and inspired by the creatives who use these products to streamline their workflows, the Express 4M2 is smaller and easier to fit in studios, suites or on-stage.

Infinitely Configurable OWC Express 4M2 Now Available – OWC Blog

スポンサーリンク

Express 4M2の性能

 OWC Express 4M2はM.2 NVMe SSD 4枚で最大容量8TBのストーレージを構成することが可能なケースで、チップセットにはAlpine Ridge DSL6540を採用しThunderbolt 3接続の最大スループットは2,800MB/s、また、Texas Instruments TPS65983チップセットによりUSB Type-C/Power Deliveryにも対応しており、

OWC Express 4M2の外見

I/OポートはThunderbolt 3ポートが2つ、4K@60Hz対応のDisplayPortポートを1つ搭載し、同社のThunderBay等と同様にOWC SoftRAIDを利用してRAID 0(ストライピング)/RAID 1(ミラーリング)をマルチドライブで構成することが可能となっているそうです。

 OWC Express 4M2のサイズは6.0 x 11.3 x 13.6 cm、重さ800.0 gで公式ストアでの価格は349.99ドルとなっているので、高速ストレージが必要な方はチェックしてみてください。