Anker Japan、最大100インチで映像を楽しめるAndroid搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を発売。

スポンサーリンク

 Anker Japanが最大100インチで映像を楽しめるAndroid搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を発売しています。詳細は以下から。

Anker Nebula Capsule

 Anker Japanは本日(2018年05月29日)、昨年11月にクラウドファンディングサイトIndiegogoで資金を募って開発したAndroid OSを搭載したモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を日本でも発売すると発表しています。

コンパクトサイズながら、最大100インチの鮮明な映像を楽しめる、Android搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を、2018年5月29日よりAmazon等にて販売開始。米クラウドファンディング「Indiegogo」で1.4億円以上の支援金を集めた、Anker初のスマートエンターテインメント・デバイスです。

【Anker】「Indiegogo」で1.4億円以上の支援金を集めた、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を販売開始 – PR Times

スポンサーリンク

Anker Nebula Capsule

 Anker Nebula Capsuleはアルミニウムボディを採用し、350ml缶と同等の高さ120x直径68mmでサイズ、重さは約470g、入力ポートはHDMI 1.4(最大1080p入力)/USB OTGを、システムOSにはAndroid 7.1を搭載し、

Anker Nebula Capsuleの機能

プロジェクターとして利用可能なほかBluetoothスピーカーとしても利用可能で、Capsule Controlアプリを利用してAndroid/iOSデバイスから画面操作や文字入力が可能となっています。

 また、Apple TVと違い単体で利用できるよう、約2.5時間充電で最大4時間の動画再生、30時間の音楽再生が可能なバッテリーを搭載しており、価格は39,800円で先行発売されている米Amazonではカスタマーレビューも公開されているので、購入を検討されている方はチェックしてみて下さい。

ソフトウェア ハードウェア
Nebula Capsule
  • CPU:クアッドコア A7
  • GPU:Adreno 304
  • RAM:1GB DDR3
  • ROM:8 GB eMMC
  • 容量:5200 mAh / 3.85 V
  • スピーカードライバー:5 W
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n
  • デュアル周波数:2.4 G/5 G
  • Bluetooth規格:4.0デュアルモード / A2DP
  • ファン: 30dB以下
  • OS: Android 7.1
  • 動作モード:プロジェクトモード、Bluetoothスピーカーモード
  • OTA:サポート
  • App Store:サポート
  • 動画再生時間:約4時間(ローカルコンテンツ再生時、Wi-Fi利用時は3時間)
  • 音楽再生時間:約30時間(Bluetoothスピーカーモード時)
  • 充電時間:約2.5時間(Quick Charge 2.0 / 9 V⎓2 A)
  • オーディオフォーマット:MPEG-4 AAC / MPEG-4 HE AAC / MPEG-4 HE / AACv2 / AAC ELD / AMR-NB / AMR-WB / FLAC / MP3 / MIDI / Vorbis / PCM/WAVE / Opus
  • ビデオフォーマット:H.264 BP / MP / HP (最大1080p) / MPEG-4 SP / ASP(最大1080p) / DivX 4x/5x/6x (最大1080p)
  • H.263 P0 (WVGA)
  • VP8 (1080p)
  • (HEVC) H.265 MP 8-bit(最大1080p)
  • 画像フォーマット: JPEG / BMP / JIF / PNG / TIF