Apple、2017年1月1日から12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換したユーザーに対し5,600円分のクレジットを提供すると発表。

スポンサーリンク

 Appleが2017年1月1日から12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換したユーザーに対し5,600円分のクレジットを提供すると発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年05月23日、バッテリーの劣化によりiPhoneのパフォーマンスが低下する問題で、2017年01月01日から12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行ったユーザーに対し、5,600円分のクレジットを提供すると発表しています。

iPhone 保証対象外バッテリー交換クレジット

Apple では、2017 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 28 日までの間に iPhone 6 以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行われたお客様に対し、5,600 円分のクレジットを提供しております。対象となるのは、Apple 正規修理拠点 (Apple Store 直営店、Apple リペアセンター、Apple 正規サービスプロバイダのいずれか) で行われたバッテリー交換です。
この 5,600 円分のクレジットは、銀行振込か、またはバッテリー交換サービスの料金支払いに使用されたクレジットカードへの払い戻しという形で提供されます。

iPhone 保証対象外バッテリー交換クレジット – Apple

 このクレジットはAppleが2017年12月28日から始めたiPhone 6以降のバッテリー交換金額を5,600円減額して提供する措置の前にAppleの正規修理拠点(Apple Store直営店、Appleリペアセンター、Apple正規サービスプロバイダのいずれか)で有償でのバッテリーを交換したユーザーに対してのクレジットとなっており、

Appleへの郵送修理

対象となるユーザーには2018年05月23日から07月27日までの間にAppleからメールで連絡が来るそうなので、期間内に有償でバッテリーを交換された方はサポートサイトをチェックしてみて下さい。

通常iPhoneのバッテリー交換金額は8,800円ですが、現在は5,600円減額され3,200円での交換となっています。
スポンサーリンク

iPhoneバッテリー問題のタイムライン

iPhone vs Geekbench

  • 2017年01月23日
    ▶Appleが「iOS 10.2.1」で電源管理を導入。
  • 2017年末
    RedditでiPhoneのバッテリーを交換するとパフォーマンスが改善するという報告がされる。
  • 2017年12月28日
    ▶Appleが声明を出し、iOS 10.2.1でパフォーマンスのピーク性能をダイナミックに変化させる機能を導入したことで特定のiPhoneのパフォーマンスが低下したとコメント。
  • 2017年12月30日
    ▶2018年12月までの間バッテリー交換金額を5,600円減額すると発表
  • 2018年03月29日
    ▶古いiPhoneのバッテリー状態の表示やパフォーマンス管理機能を搭載した「iOS 11.3」をリリース。
  • 2018年05月23日
    ▶2017年1月1日から12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換したユーザーに対し5,600円分のクレジットを提供すると発表。

コメント

  1. 匿名 より:

    凄い!
    神対応!

  2. 匿名 より:

    12月にAppleStoreで6Plusバッテリー交換したけど9500円だったんだよなあ
    まあ何も無いよりいいか