オープンソースのiOS用ターミナルアプリ「OpenTerm」のクローンがApp Storeに有料アプリとして登録される。

スポンサーリンク

 iOSのSandbox内で動くオープンソースのターミナルアプリ「OpenTerm」のクローンアプリがApp Storeに有料アプリとして登録される。詳細は以下から。

OpenTermのアイコン

 OpenTermはベルギーSilverFoxのエンジニアLouis D’hauweさんが2018年01月から開発を続けているiOSのSandbox制限内で動作するオープンソースのターミナルエミュレータアプリで、昨日スクリプトCubやタブ、新しいコマンド、ANSIカラーサポートした最新バージョンとなるOpenTerm v2.0がリリースされましたが、このOpenTermのクローンアプリが有料アプリとしてApp Storeに登録されているそうです。

 開発者のLouisさんによると、このクローンアプリはHabib Alejalilという開発者によってオリジナルのOpenTermのカラーやアイコンが変更されただけで320~720円の有料アプリとして販売されており、同様の問題はMac用画像圧縮アプリImageOptimやプロトタイプツールSketch、Mac/iOS用スニペットアプリDashなどでも発生していました。

 また、このツイートに対し複数の開発者がオープンソースで開発&公開しているアプリの偽物(Copy Cat)が多く販売され悩まされているとリプライしたり、ライセンスをMITからGPLへ変更しAppleに報告すべきだといったコメントが出ているので、興味のある方はTwitterのリプライをチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    GitHub の方を見てみると既にライセンスが更新され,GPLv2 (or later) と MPLv2 の併用になったみたいですね。
    issue によると VLC for iOS のライセンスを参考にしたみたいです:
    ttps://github.com/louisdh/openterm/issues/141

  2. 匿名 より:

    GitHub の方を見てみると既にライセンスが更新され,GPLv2 (or later) と MPLv2 の併用になったみたいですね。
    issue によると VLC for iOS のライセンスを参考にしたみたいです。
    このような知見は広く共有すべきですね。