MacとのiCloud同期が可能なクリップボードアプリ「Paste for iOS」がiPadでのSlide Overとドラッグ&ドロップをサポート。

スポンサーリンク

 Paste Teamがクリップボード拡張&スニペットマネージャー「Paste for iOS」をアップデートし、iPadでのSide Overとドラッグ&ドロップをサポートしています。詳細は以下から。

Paste v2 for iOSのアイコン

 デンマークのPaste Team(旧Wirelessheads)は2018年03月12日、カード形式のクリップボード表示がユニークなMacのクリップボード拡張およびスニペットマネージャーアプリ「Past」とのiCloud同期が可能なiOS用クリップボード拡張アプリPaste for iOSをリリースしましたが、このPaste for iOSがv2.1へアップデートしiPadおよびiPadでのマルチタスク機能をサポートしています。

Paste for iOSのレビュー

Paste v2.1.0
This version brings support for iPad! Use Paste with any other apps, copy and paste, drag and drop, and never lose important data!

Paste – App Store

スポンサーリンク

Paste for iOSのiPad機能

 Paste v2.1 for iOSではiPadでの動作に加え、iOS 9でサポートされた、利用しているアプリの上に他のアプリを表示する「Side Over」と、アプリ内のコンテンツを他のアプリへ移動することが出来る「ドラッグ&ドロップ」機能が利用できるようになっていますが、

Paste for iPad

Paste for iOSはiPhoneでの使用に制限はありませんが、今回サポートしたiPadではiCloudを利用した同期機能を利用するには600円のPaste Proライセンスをアプリ内課金で購入する必要があるそうです。

Paste Proのアプリ内課金

 ただし、Pasteを単一のiPadのみで利用するのには特に制限がないようなので、ユーザーの方は購入前に試してみて下さい。

Paste for Mac 1,800円

Paste 2
Paste 2
Developer: Dmitry Obukhov
Price: ¥1,800

Paste for iOS 無料(iPadの制限解除は600円)

Paste 2
Paste 2
Developer: Dmitry Obukhov
Price: Free+