旅先でテザリング使用時にネットワークに接続するアプリを制限してくれるMac用ユーティリティアプリ「TripMode」がリリース。

スポンサーリンク

 テザリング使用時などにネットワークに接続するアプリを制限してくれるMac用ユーティリティアプリ「TripMode」がリリースされています。詳細は以下から。

TripMode-Hero

 TripModeはスウェーデンのDavid Dudok de Witさんが開発しているネットワークユーティリティアプリで、旅先や出先でiPhoneのテザリングやデータ制限のあるネットワークを使用する際、データの上限に達しないようにMacのネットワークを使用するアプリを制限してくれるアプリです。

Screenshot - 01 - TripMode - Large

スポンサーリンク

使い方

 使い方はアプリをインストールしてメニューバーのTripModeアイコンからTripModeを[ON]にします。

TripMode-ON

 次にネットワークを使用するアプリを起動すると[Internet Access Allowed For]リストにそのアプリがリストアップされるので、ネットワークを使用したくないアプリ(例えばDropboxやマップ, MacAppStore, 写真エージェントなど)のチックを解除するとそのアプリはネットワークを使用できなくなります。

TripMode-Map-Dropbox-App-OFF

When TripMode is ON, it prevents all your Mac apps from accessing the web but those that have been whitelisted by yourself. It typically stops automatic updates, online backups, Photos syncs, and various obscure apps from consuming precious data. Both uploads and downloads are blocked.

[Your Mac’s mobile data savior. – TripMode]

 テザリング(Personal Hotspot)が開始されると通知してくれる機能や通信容量の合計を表示してくれる機能もあり、価格は7.99ドルで公式サイトから購入可能(現在リリース記念で4.99ドルセール中)。7日間のトライアル版も用意されているので興味のある方は関連リンクからどうぞ。

TripMode-Price