MacBook ProのTouch Barに触れると、感圧タッチトラックパッドを利用してフィードバックを返すアプリ「Haptic Touch Bar」がリリース。

スポンサーリンク

 MacBook ProのTouch Barに触れると、感圧タッチトラックパッドのエンジンを利用してフィードバックを返すアプリ「Haptic Touch Bar」がリリースされています。詳細は以下から。

Haptic Touch Barのアイコン

 Appleは2016年に発売したMacBook Proモデルで物理Fnキーに変わり、ユーザーや開発者がカスタマイズすることが出来るタッチバーディスプレイ「Touch Bar」を採用しましたが、このTouch Barを操作するとフィードバックを返してくれるアプリ「Haptic Touch Bar」をBopsoftのZaozhuang Shizhongさんが公開しています。

Haptic Touch BarのWebサイト

The missing haptic feedback for Touch Bar keys(Escape, F1, F2, etc.)
Haptic Touch Bar uses the built-in haptic engine of your MacBook Pro to provide haptic (force) feedback whenever you press a keyboard key on the Touch Bar.

Haptic feedback for Touch Bar keys – Haptic Touch Bar

スポンサーリンク

使い方

 使い方はアプリをダウンロード&インストールして起動後、メニューバーに表示される「Haptic Touch Bar」アプリのアイコンから機能を有効&以下のオプションを選択するだけですが、Touch Barにはフィードバック・エンジンが無いため、

Haptic Touch Barの設定

  • ✅ Enable Haptic Touch Bar : Haptic Touch Barアプリの機能を有効にする。
  • ✅ Repeat When Holding a Key : Touch Bar上のキーを押している間、連続してフィードバックを返す。
  • Intensity : フィードバックの強度を1~5で設定。

Haptic Touch BarはMacBook Retinaから採用されている感圧式トラックパッドの”Haptic(Taptic) Engine“を利用しフィードバックを返す仕組みになっており、アプリを有効にした状態でTouch Barをタッチするとトラックパッドからフィードバックが返ってきます。

Haptic Touch Barが利用するTouch Barと感圧式トラックパッド

フィードバックが返ってくるのは[Esc]キーやF1,F2などの[Fn]キーといった特定のキーをタッチしたときのみとなっているようです。

 Haptic Touch Barのシステム要件はmacOS 10.12 Sierraを搭載したTouch BarモデルのMacBook Proで、価格は4.99ドルで”Paddle.com”経由で購入できますが、14日間全ての機能を利用可能なトライアル版も公開されているので、Touch BarモデルのMacBook Proをお持ちの方はチェックしてみて下さい。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    BetterTouchToolの最新アルファ版(v2.311)も対応しました

  2. 匿名 より:

    これが、欲しかったんだよ……