Eternal Storms、Mac用ファイル・ユーティリティ「Yoink」のiPad版を近くリリースすると発表。

スポンサーリンク

 Eternal Storms、Mac用ファイル・ユーティリティ「Yoink」のiPad版を近くリリースすると発表しています。詳細は以下から。

Yoink for iPadのアイコン

 Macのディスプレイ端にファイルの一時保存場所を提供してくれるファイルユーティリティ「Yoink」アプリやSiri RemoteをMacのコントローラーに出来る「SiriMote」アプリなどを開発しているEternal Storms Softwareは現地時間2017年09月14日、YoinkのiPad版「Yoink for iPad」を近くリリースすると発表しています。

Yoink for iPadのSneak Peek

Simplify and Improve Drag and Drop on your iPad and speed up your daily workflow.

Yoink for iPad – Simplify drag and drop on your iPad – Eternal Storms Software

スポンサーリンク

Yoink for iPadの機能

 Yoink for iPadはiOS 11で利用可能になるマルチタスキング機能のドラッグ&ドロップを利用し、アプリ間でファイルをやり取りする際の一時保存場所を提供してくれるユーティリティアプリで、Mac版と同様にファイルを保持してくれる他、クリップボードコンテンツの保存や共有機能拡張を用いたファイルの取得、Yoinkカスタムキーボードでのファイル操作などが利用できるそうです。

Yoink for iPadのリリース日や価格は公開されていませんが、開発者のGansriglerさんはiOS 11リリース後出来るだけ早い時期に公開したいとコメントしているので、興味のある方は公式サイトなどをチェックしてみて下さい。