Apple、Windowsユーザー向けにBroadpwn脆弱性を修正した「Boot Camp用 Wi-Fiアップデート v6.1」の提供を開始。

スポンサーリンク

 AppleがWindowsユーザー向けにBroadpwn脆弱性を修正した「Boot Camp用 Wi-Fiアップデート v6.1」の提供を開始しています。詳細は以下から。


 Appleは最新のmacOSやiOSでBroadcomのWi-Fiチップで任意のコードが実行されてしまう可能性のあるBroadpwn脆弱性(CVE-2017-9417)を修正しましたが、現地時間2017年07月21日、この脆弱性向けのWindows用パッチ「Boot Camp用 Wi-Fiアップデート」をBoot Campユーザーに提供しています。

Boot Camp用 Wi-Fiアップデート

Wi-Fi

  • Available for the following machines while running Boot Camp: MacBook Air (Late 2010 and later), MacBook Pro (Late 2010 and later), Mac mini (Mid 2010 and later), iMac (Mid 2010 and later), MacBook (Mid 2010 and later)
  • Impact: An attacker within range may be able to execute arbitrary code on the Wi-Fi chip
  • Description: A memory corruption issue was addressed with improved memory handling.
  • CVE-2017-9417: Nitay Artenstein of Exodus Intelligence

About the security content of Wi-Fi Update for Boot Camp 6.1 – Apple Support

 対象となるMacはBoot CampでWindowsをインストールした2010年製以降のMacBookおよび2011年製以降のMacBook Air/Pro, Mac mini, iMacで、Apple Software Update経由で提供されているので、Boot Campユーザーの方はチェックしてみて下さい。

Broadpwn(CVE-2017-9417)の詳細は現地時間2017年07月22日からラスベガスで開催されるBlack Hat 2017で公開される予定となっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    Early 2015の13インチMBPにて、このアップデートを入れてからWiFiが繋がっているのに通信できなくなってしまった