Apple、新しいファイルシステム「APFS」のプレリリース版や新しい絵文字を同梱した「macOS Sierra 10.12.2 beta 6」を開発者向けに公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが新しいファイルシステム「APFS」のプレリリース版や新しい絵文字を同梱した「macOS Sierra 10.12.2 beta 6 (16C63a)」を開発者向けに公開しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2016年12月08日、macOS Sierra 10.12.2の6度目のBeta版となる「macOS Sierra 10.12.2 beta 6 Build 16C63a」を開発者向けに公開しています。

macOS Sierra 10.12.2 beta 6 (16C63a) Now Available
December 8, 2016

 リリースノートによるとbeta 6にもbeta 5から同梱されたAppleの新しいファイルシステム「Apple File System (APFS)」のプレリリース版が同梱されており、AppleはAPFSのテストをする開発者に対し全てのバックアップを作成した後、”hdutil”コマンドを使用してAPFSのフォーマットをする様にコメントしています。

 現在までのリリーススケジュールは以上の通りで、beta 5から6までのリリース期間が短いですが、Appleは最近になり新しいMacBook Pro Late 2016のグラフィックスが乱れる不具合やTime Machineのバックアップ作成時にMacがクラッシュし続ける不具合などを修正したと非公式にコメントしているので、今回のアップデートでもそれらの不具合修正が進んでいると思われます。