ブランチやマージをグラフィカルに表示してくれるMac用Gitクライアント「GitUp」がBeta版を終了しv1.0をリリース、同時にオープンソース化へ。

スポンサーリンク

 ブランチやマージをグラフィカルに表示してくれるMac用Gitクライアント「GitUp」がBeta版を終了しv1.0をリリースしています。詳細は以下から。


687474703a2f2f692e696d6775722e636f6d2f743669433954432e706e67


 GitUpはAppleや日本のCoolirisでソフトウェア・エンジニアを勤めていたPierre-Olivier Latourさんが今年初め頃からBeta版を公開し開発していたGitクライアントで、19日にBeta版を終了しv1.0をリリース、同時にGitHubでオープンソース化したと発表しています。

GitUp is a bet to invent a new Git interaction model that lets engineers work quickly, safely, and without headaches. It’s unlike any other Git client out there from the way it’s built (it interacts directly with the Git database on disk), to the way it works (you manipulate the repository graph instead of manipulating commits).

[git-up/GitUp – GitHub]

 GitUp v1.0はBeta版に引き続き以下の様な機能が実装されており、

  • マージやコミットなどをライブマップ表示
  • リポジトリ内のクイック検索機能
  • Undo・Redo機能
  • 40,000コミットも1秒以内にグラフィカル表示可能
  • スペースキーを押すことでメッセージやdiffを参照できるQuickView機能
  • Time Machine風のスナップショット機能

 システム要件はOS X 10.8 Mountain Lion以降(10.10 Yosemite推奨)で、v1.0からGPL v3ライセンスでオープンソース化されているので、興味のある方はGitHubへどうぞ。




関連リンク:

アリスとボブのGit入門レッスン
川野辺 正博
秀和システム