OWC、Mac mini Late 2014 FusionDriveモデルの分解レポートを公開。PCIe SSDは専用コネクタケーブルで接続。

スポンサーリンク

 OWCがMac mini Late 2014(FusionDriveモデル)分解レポートを公開しています。詳細は以下から。


Mac mini Late 2014 OWC blog PCIe SSD


 iFixitやMac Mini Vaultが既にMac mini Late 2014の下位モデル(HDDモデル)の分解をしていましたが、新たにOWCがMac mini Late 2014 FusionDriveモデルの分解レポートを公開しており、PCIe SSDは専用のケーブルで接続しているようです。


Mac mini Late 2014 OWC blog PCIe SSD

 さらにOWCは

・The model we unboxed utilizes a PCIe SSD, which is the same as the SSD found in the Late 2013-current MacBook Pro with Retina display, 2013-current MacBook Air and 2013-current iMac.
>PCIe SSDはMacBook Pro with Retina display Late 2013やAir , iMac 2013以降で使用されているSSDと同じものが使用されている。

・The PCIe slot and connecting cable are not present unless you order the mini with a Fusion drive. For minis without a Fusion Drive there won’t be a slot for the PCIe SSD.
>PCIeスロットと接続用ケーブルはFusionDriveを注文しないと無い。FusionDriveでないMac mini Late 2014ではPCIe SSD用スロットが存在しないだろう。
(PCIeスロットが無いとされていますが、iFixitの分解レポートによるとコネクタはあるので専用スロット付きのコネクタケーブルが販売されれば接続可能だと思います)

・Requires a T6 Torx Security screwdriver for disassembly.
>分解するためには「いたずら防止T6トルク(TR6 Torx)」が必要。

・Also noteworthy, of course, are the Thunderbolt 2 ports. Which will work great with Thunderbolt or Thunderbolt 2 devices.
>Thunderbolt 2ポートはThunderboltポートとしても使用できます。

The memory is not upgradable in the 2014 Mac mini.
>メモリはアップグレード不可能。

などの注意点を上げています。OWC Blogには更に詳細な画像やiMac with Retina 5K displayの分解レポートも掲載されているので興味のある方はどうぞ。

関連リンク:
New 2014 Mac mini Unboxing and Teardown – Other World Computing Blog

メモリが交換できないだけじゃない?様々な改良が加えられているMac mini Late 2014の分解レポートまとめ。b.hatena

iFixit、Mac mini Late 2014の分解レポートを公開。ストレージへアクセスするには特殊ドライバーが必要。b.hatena

AppleがMac mini Late 2014に4コアのHaswellを採用しなかったのはSocketが問題?b.hatena