WebKit、macOS 10.12.4やiOS 10.3 betaの「Safari 10.1」で追加される新機能を公開。

スポンサーリンク

 WebKitがmacOS 10.12.4やiOS 10.3 betaの「Safari 10.1」で追加される新機能を公開しています。詳細は以下から。


 AppleおよびWebKitチームは現地時間2017年01月25日、「Safari v10.0」に続き、次期macOS 10.12.4およびiOS 10.3に搭載予定の「Safari v10.1」の新機能や仕様を公開しています。

Safari 10.1

The following features are new in Safari 10.1.

 Safari v10.1でサポートされるAIPや新機能は以下の通りで、既にSafari Technology Previewを通して提供されているので、Webエンジニアの方はチェックしてみてください。

  • Web APIs
  • JavaScript
    • ECMAScript 2016 and ECMAScript 2017
  • HTML
  • Layout and Rendering
    • CSS Deep Colors
    • CSS Grid Layout
    • Updated Behavior of Fixed Position Elements
  • Safari Browser Behavior
    • Keyboard Input in Fullscreen
  • Web Inspector
    • Improved Web Inspector Debugging
  • Accessibility
    • Reduced Motion Media Query
  • Safari App Extensions