Apple、macOS 10.12 SierraおよびmacOS 10.13 High Sierra向けに「Safari v12」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.12 SierraおよびmacOS 10.13 High Sierra向けに「Safari v12」をリリースしています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月17日、本日リリースされたiOS 12や日本時間25日にリリースが予定されているmacOS 10.14 Mojaveにも同梱されている、Webブラウザ「Safari v12」をmacOS 10.12 SierraおよびmacOS 10.13 High Sierra向けにリリースしています。

Safari v12 for Macのアップデート

Safari 12アップデートはすべてのmacOS High Sierraユーザに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます:

  • Webサイトのアイコンをタブに表示する機能を追加
  • アカウントの作成時またはパスワードの変更時に、強力で一意なパスワード候補を自動入力
  • 繰り返し使用されているパスワードに、Safari環境設定のパネルで印を表示
  • 特定のWebサイトでポップアップを許可またはブロックする機能を追加
  • 埋め込みのコンテンツやソーシャルメディアのボタンにより、許可なくクロスサイトトラッキングが行われることを防止
  • Macデバイスを一意に識別する広告主の能力を弱めることで、広告のリターゲティングを抑制
  • ブラウズのパフォーマンスを低下させるSafari機能拡張を自動的に無効化
  • Appleが検査したレガシーSafari機能拡張のみに対応することで、セキュリティを改善
  • ほとんどのNPAPIプラグインへの対応を中止することで、セキュリティを改善

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

リリースノートより

 Safari v12ではCVEベースで3件の脆弱性が修正されている他、WWDC 2018で発表されたとおり、safariextz形式の機能拡張が非推奨&廃止予定となっている他、タブにFaviconを表示できるようになっています。