必要なウィンドウをのみを最適な場所に設定できるMac用ウィンドウマネージャアプリ「Gridsutra」がリリース。

スポンサーリンク

 必要なウィンドウを最適な場所に設定できるMac用ウィンドウマネージャアプリ「Gridsutra」がリリースされています。詳細は以下から。


 Gridsutraはニュージャージー州のソフトウェア会社Macubesが昨年12月に発売したMac用ウィンドウマネージャアプリで、MoomAmethyst, Slate, SizeUp, Mjolnir, Divvyの様にディスプレイ上にウィンドウを配列することが出来ますが、Gridsutraは必要なウィンドウを好きな場所に配置できるようなアイデアが組み込まれています。

Gridsutra boasts a minimalist status bar menu. It includes a Launcher panel that delivers multiple layout profiles at the stoke of a key. Shortcut keys can be assigned from the menu, making the activation of preset layout profiles super easy. For those who prefer to use a mouse, Gridsutra allows windows to be arranged in just three clicks.

メーリングリストより

使い方

 使い方はまず”Gridsutra.dmg”を公式サイトからダウンロードし、インストール。起動後にシステム環境設定の[セキュリティとプライバシー] → [一般]タブ → [アクセシビリティ]でGridsutraがコンピュータの制御をするのを許可します。

 次にメニューバーのGridsutraアイコンをクリックし、[Launcher]を選択すると、Gridsutraのウィンドウアレンジビューが表示されるので、デスクップ上に表示されているウィンドウで必要なウィンドウを選択します。

 最後にGridsutraが選択したウィンドウをどの様に配置するかを上部に表示してくれるので、マウスやキーボードショートカットで提示されている配置を選択すると、ウィンドウが所定の位置に配置されます。

 Gridsutraにはこの他にもBetterTouchToolの様にディスプレイの端にウィンドウを持っていくとフルスクリーンにしてくれるDrag&Snap機能が搭載されており、価格は4.99ドル(約590円)ですが30日無料で全ての機能を利用できるトライアル版も用意されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    New Version Launched with chinese and custom layout support