AppleのHypervisorを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu Desktop」がv1.2.97へアップデートし、VMサスペンド時にネットワークやCDイメージの割当が可能に。

スポンサーリンク

 AppleのHypervisorを利用した仮想マシン構築アプリ「Veertu Desktop」がv1.2.97へアップデートし、新機能を追加しています。詳細は以下から。

Veertu Icon

 AppleがOS X 10.10 Yosemiteから導入した”Hypervisor.framework”を利用して動作する仮想マシン構築アプリ”Veertu”は昨年10月に無償&オープンソース化され、現在も開発が続いていますが、本日新たに”Veertu Desktop v1.2.97″がリリースされています。

Veertu Desktop release version 1.2.97 contains the following updates.

  1. Allows reassignment of network type and CD-ROM image to “suspended” VMs.
  2. Fixes to CLI/VeertuManage.
  3. Updates to Acknowlegements.

What’s New – Veertu Desktop Version 1.2.97 – Veertu – Run Windows and Linux on your Mac – Veertu

 Veertu Desktop v1.2.97ではCLIおよびVeertuManageの機能が修正されたほか、新たにVMサスペンド時にネットワークやCD-ROMイメージの割当てが可能になっており、VMの設定画面からこれらを変更することが出来るので、ユーザーの方やアップデートしてみてください。