MacBook ProのTouch Barをピアノの鍵盤化し、128種類の楽器を演奏できるアプリ「Touch Bar Piano」がリリース。

スポンサーリンク

 MacBook ProのTouch Barをピアノの鍵盤化して演奏できるアプリ「Touch Bar Piano」がリリースされています。詳細は以下から。

touch_bar_piano-logo-icon

 MacBook ProのTouch Bar上にピアノの鍵盤を映し出し、Touch Barを使ってピアノの演奏ができるアプリ「Touch Bar Piano」を開発したのはMac用RSSリーダー「Shrook」などを開発しているイギリスのソフトウェア会社Utsire SoftwareのGraham Parksさんで、合計128種類の楽器を無料で利用できるとPRに記載されています。

touch-bar-piano-hero

Touch Bar Piano is a piano built into the Touch Bar of your 2016 MacBook Pro.
The piano is fully polyphonic and has a choice of 128 different instruments.
This app requires a 2016 MacBook Pro with Touch Bar. It does nothing useful on other Macs.

使い方

 Touch Bar Pianoアプリを起動するとTouch Barが鍵盤化され、設定パネルが現れます。設定パネルからは[Instrument], [Octave], [Black key touch area size]を設定可能で、

touch_bar_piano-settings2

実際に演奏している様子は以下の通り。Touch Bar Pianoは現在バージョン1.0で、システム要件はmacOS 10.12.1 build 16B2557またはTouch Barを搭載したMacBook Pro Late 2016以降で、無料で利用可能なので、興味のある方はUtsireの公式サイトへどうぞ。