Touch Barシミュレータの起動やスクリーンショットの撮影が行えるTouch Bar用ユーティリティ「Touché」がアップデートしタイトルの非表示が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 Touch Barシミュレータの起動やスクリーンショットの撮影が行えるTouch Bar用ユーティリティ「Touché」がアップデートしタイトルの非表示が可能になっています。詳細は以下から。

touche-app-logo-icon

 Touchéは元Appleのソフトウェアエンジニアで現在はMarsEditなどを開発しているRed Sweater SoftwareのDaniel Jalkutさんが公開したTouch Bar用ユーティリティアプリですが、このTouchéがv1.1.xへアップデートしています。

toucha-app-update-v-1-1

Version 1.1

  • New Preference for omitting the Touch Bar window’s title bar
  • Eliminate behavior of activating Touché when double-clicking Touch Bar

 Touché v1.1.xではPreferenceに「☑Hide title bar on Touch Bar window」オプションが追加されており、このオプションをONにするとTouch Barシミュレーターからタイトルバーが消え、シミュレーターがディスプレイ上に固定(移動できなく)されます。

toucha-app-hide-title

 タイトルを消した状態でもCommandキーを押したままアプリをドラッグすれば移動が可能になるので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。