Mac用スニペットアプリ「Dash 3」がアップデートし、Swiftドキュメントのバージョン選択が可能に。

スポンサーリンク

 Mac用スニペット&ドキュメントビューア・アプリ「Dash 3」がアップデートし、Swiftドキュメントのバージョンが選択可能になっています。詳細は以下から。

Dash-logo-icon

 ルーマニアのKapeliは本日、macOS向けに提供しているスニペット&ドキュメントビューア・アプリ「Dash」をv3.3.1へアップデートし、Zend Framework 3のドキュメントおよびSwiftDoc.orgで提供されている過去のバージョンのSwiftドキュメントを取得できるようにしたと発表しています。

What’s New in Version 3.3.1

  • Added Zend Framework 3 docset
  • The Swift docset based on SwiftDoc.org is back due to popular demand
  • Fixed some issues with the Alfred 3 workflow
  • Fixed snippet expansion in Mailplane
  • Lots of bug fixes related to the Apple API Reference docset

Dash 3 – API Docs & Snippets. Integrates with Xcode, Alfred, TextWrangler and many more.

 DashはDocsetというファイル単位でドキュメントを取得できますが、Kapeliはユーザーからの要求が多かったため、v3.3.0では最新のドキュメントしか取得できなかったSwift言語のDocsetをv3.3.1ではバージョンを選択してDocsetを取得できるようにしており、

Dash-Swift-version-docset

Dash v3.3.0での新機能Alfred 3ワークフローなどの不具合も修正されているそうなので、ユーザーの方は確認してみてください。