BetterTouchToolがアップデートし、macOS Sierra betaに対応。Sierraリリース後はOS X 10.9 Mavericksまでのサポートを終了。


 BetterTouchToolがアップデートし、macOS Sierra betaに対応しています。詳細は以下から。


 今年1月に有料(PWYWモデル)へ移行したMacの入力拡張アプリ「BetterTouchTool」が現地時間7月13日 v1.82へアップデートし、現在Betaユーザーに公開されているmacOS Sierraに初期対応したと発表しています。


BetterTouchTool 1.82 (July, 13, 2016)

  • Basic macOS Sierra beta compatibility (there’ll still be smaller issues, please report them!)
  • Added “Start Siri” action for macOS Sierra
  • Fixed an issue with copying & pasting gestures (thanks @Alessandro for reporting)
  • BTT can now move itself to the Application folder if it’s not already in it
  • Added easier setup dialogue to grant the Accessibility API permissions
  • Hopefully fixed an issue with third party keyboards and Key Sequences
  • Fixed issue with “Paste Custom Text” action
  • Improved the Key Sequence recording screen
  • Fixed various issues with the screenshot actions
  • General bugfixes

 BetterTouchTool v1.82ではmacOS SierraでSiriの起動にも対応していますが、開発者のAndreas HegenbergさんはmacOS Sierra betaではまだ不具合があり、未知の不具合も発生する可能性があるとしてユーザーにレポートを求めており、


After the release of macOS Sierra this autumn I’ll drop support for OS X 10.7 to 10.9 (and maybe even 10.10) from BetterTouchTool.
Of course BTT will continue to work fine on those systems, however there won’t be new updates for them anymore.

Dropping support for OS X 10.7-10.9 this autumn. – BetterTouchTool

今年秋にSierraがリリースされた後は、ユーザー数から考えてOS X 10.9 Mavericks(もしかしたらOS X 10.10 Yosemiteも)上でのBTTのサポートを終了するとコメントしています。*これらのOS X上でBTTが動作しても、アップデートは配信しないそうです。